2007年11月05日

ひぐらしのなく頃に解第17話

snapshot328.jpg


ひぐらしのなく頃に解第17話「祭囃し編 其の四 謀略」の感想です。


鷹野さん黒すぎです(笑)。目的成就のためとはいえ、手段を選ばぬその行動はどうなんでしょうねえ・・・ああ、幼い頃の三四の姿が霞んで見えるな。娘の子どもらしからぬ行動に困惑する梨花ママの葛藤とかも描いて欲しかった。でも梨花ママの姿が見れたのでよしとしましょう。


悪行に手を染めてまで亡き祖父の研究を守ろうとした三四ですが小泉先生という後ろ盾を失い、結局は祖父と同じような屈辱を味わう結果となってしまいます。ここはさすがにかわいそうな気がするな・・・。しかしそんな三四に近づく謎の女性が現れます。利用されようとしていることは薄々知りつつ、目的成就のため敢えてその企みに乗る三四なのでした。


さて次回こそ圭一の登場ですか。いよいよ三四さんも暴走を始め、物語は面白くなってきそうです。あと鉄甲弾・赤坂の出番はまだなのか(笑)。次回も期待しましょう。
posted by へっぽこ二等兵 at 11:01| Comment(0) | TrackBack(1) | ひぐらしのなく頃に解 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/64628344

この記事へのトラックバック

レビュー・評価:ひぐらしのなく頃に 解/第17話 祭囃し編 其の四「謀略」
Excerpt: 品質評価 24 / 萌え評価 15 / 燃え評価 5 / ギャグ評価 15 / シリアス評価 68 / お色気評価 10 / 総合評価 25<br>レビュー数 70 件 <br> <br> 昭和55年、綿流しの日。沙都子は”..
Weblog: ANIMA-LIGHT:アニメ・マンガ・ライトノベルのレビュー検索エンジン
Tracked: 2007-11-05 19:23
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。