2007年10月18日

バンブーブレード第2話

snapshot317.jpg


バンブーブレード第2話「ブレードブレイバーとお弁当」の感想。正義の剣士・川添珠姫ことタマちゃんが大活躍でした。


タマちゃんつえええええ!!!!!
剣道部一の使い手であるドS野郎・外山相手にも全く怯まないその度胸と実力には脱帽の一言。袴が大きすぎるハンデもタマちゃんの前にはほとんど問題にならないようですね。まあ有段者の大人でも敵わないくらいですから当たり前といえばそうなのですが・・・強い、強いよ(笑)。必殺の突きを食らったあの外山の憔悴しきったあの表情、まさに実力でねじ伏せた感じですなあ。


外山の再襲来に備え、正義のために晴れて剣道部のメンバーとなったタマちゃん。タマちゃんの食べる姿が可愛すぎ・・・キリノ達の気持ちが痛いほどわかりますねえ。そして日の丸弁当とはまた漢らしいなタマちゃん。でもやっぱり梅干以外におかず一つくらい入れようよ・・・女子高生としてはあまりにも質素すぎ(笑)。


そしてタマちゃんを交えての初めての部活動。キリノに対するコジローの肩もみが微妙にセクハラっぽく見えるのは私の気のせいでしょうか。しかしコジロー瞬殺とは情けない・・・顧問として指導者としての面目丸つぶれですね。練習してないんじゃ仕方ないけど。珠姫の強さを目の当たりにし、剣道に打ち込んでいたかつての自分をちょっとだけ思い出したコジローなのでした。


次回はいよいよサヤが登場するのか・・・そしてあの方の黒い本性も。次回予告いいねーデフォルトなタマちゃんもかわいいのう。次回も期待しましょう。
posted by へっぽこ二等兵 at 00:07| Comment(0) | TrackBack(0) | バンブーブレード | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。