2007年10月04日

ぼくらの第23話・最終話

いまさらその2。ぼくらの第23話・最終話「雪景色」「物語」の感想です。


第23話はマチがメインの回。ウシロに引継ぎをやらせるため、卑劣な手段でウシロに揺さぶりをかけるコエムシ。そんな醜い兄の姿をもはや見ていられないマチは兄をその手にかけます。コエムシも可哀想な奴だとは思うんですけどねえ。自分の欲望に正直というか。運命を知りつつ、勇敢に散っていった他の子ども達のことを思うと、どうしても嫌な奴に見えてしまいますな。管理者の側に長らく立っているうちに人の心を失っていってしまったのでしょう。コエムシとマチ、可哀想な兄妹ですね。


マチが散り、最終話はウシロが全ての戦いの決着をつけます。ウシロのお父さんメチャいい人ですね、普通はもう少し動揺してもおかしくないはずですが、ウシロの覚悟を汲み取る度量の大きさに感服しました。一人で戦おうとするウシロに付いていこうとすがりつくカナですが、お前の戦いは生きることだとウシロは諭します。他の散っていった皆が守ろうとし、父や妹が住まうこの世界を守るためにウシロは戦うのでした。


そしてラストバトル。他のパイロット達の想いを背に長時間にわたる激闘を繰り広げた末、ついに勝利したウシロ。ここに地球は救われたのでした。子ども達の尊い犠牲と引き換えにして。ウシロの想いを受け継いだカナは生き続ける。この地球を守ろうと勇敢に戦った子ども達の物語を語り継ぐために・・・。


最後に総評。原作ファンから痛烈な非難を浴びたアニメ版ぼくらのですが、もう「もりたの」でいいじゃないっすか(笑)。未完の作品をやる以上、オリジナル展開は避けられないわけですし。まあタモツとか終盤は空気化してたし、彼の存在価値は果たしてあったのか?という疑問はありますけど。それも監督がブログで言っておられた「大人が負けてしまっているから」という言葉どおり、大人が大人としての役割を果たせない無力な存在ということを暗に言ってるかも。そんなに酷い人ばかりかな・・・少なくとも原作には立派な人もいるように思うのですがねえ。支配者のこととかちゃんと伏線を拾い切れていないような部分はありましたが、最後の締めはまあよかったんじゃないでしょうか。あんなに頑張ったダイチの扱いが酷いような気もしましたが。忘れるってなあ・・・。最後に一言、アンインストールは名曲です!!


posted by へっぽこ二等兵 at 11:19| Comment(0) | TrackBack(1) | ぼくらの | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

レビュー・評価:ぼくらの/第24話 物語
Excerpt: 品質評価 39 / 萌え評価 8 / 燃え評価 3 / ギャグ評価 9 / シリアス評価 38 / お色気評価 4 / 総合評価 17<br>レビュー数 91 件 <br> <br> マチの戦いが終わり、最後のパイロットには..
Weblog: ANIMA-LIGHT:アニメ・マンガ・ライトノベルのレビュー検索エンジン
Tracked: 2007-11-27 00:12
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。