2007年09月15日

ぼくらの第21・22話

snapshot307.jpg

snapshot306.jpg

snapshot308.jpg


ぼくらの第21話「真相」、第22話「道程」の感想です。


第21話はカンジ最終章。カンジかっこよかったなあ。アンコの見る目は間違っていなかった。あんたいい男だよ(笑)。いろいろ母親に不信を抱いていたカンジですが、最後は命を賭けて母親を守ることを選びました。それは疑心も勘繰りも捨てた彼の純粋な思いだったのでしょうね。


ジアースプログラムの暴走によって、己の理解の及ばない神の領域に踏み込んだ大人達はその愚かな所業にようやく気付きだします。よくわからないものを使おうとするからそうなるんですよねえ。コエムシの言うとおりになってしまったじゃないの。そして関さんを除けば、子ども達で最後の契約者となってしまったウシロにコエムシからの悪魔の囁きが。コエムシ最低だな・・・ウシロは自分に境遇が似てるのにねえ。


第22話はウシロ兄妹帰郷編(+マチも)。たとえ本当の親子・兄妹ではなくても、深い絆で結ばれているということがわかったお話でした。カナちゃんがウシロの暴力に何も言わず耐えてきたのも兄の苦悩をわかっていたカナちゃんの兄・ウシロへの思いやりからですし。ウシロは自分のことを思ってくれていた家族の想いにようやく気付くのでした。オープニングの走るシーンはこの回だったのですね。ジアースメンバーの中で一番成長したのはこのウシロかもしれません。


そして愛する家族を守るため、ウシロが下した決断。それはジアースパイロットとして戦うことでした。「カナを頼む」とマチに告げるウシロ。その決意を聞いたマチもまた、ある決意を固めたようです。こうして見るとマチも結構カワイイかも。皆いい子だなあ、それに比べて一部の薄汚い大人どもときたら・・・見ていて不愉快になりますね。今度の戦いでドサクサに紛れてやっちゃえばいいのに(笑)。


次回のパイロットはウシロではなくマチみたいですね。傍観者としての立場を捨て、戦う決意をしたマチ。残るはあと2話、次回も期待しましょう。


posted by へっぽこ二等兵 at 03:01| Comment(0) | TrackBack(1) | ぼくらの | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

レビュー・評価:ぼくらの/第22話「道程」
Excerpt: 品質評価 16 / 萌え評価 33 / 燃え評価 0 / ギャグ評価 2 / シリアス評価 23 / お色気評価 4 / 総合評価 13<br>レビュー数 42 件 <br> <br> カンジが死に、残る契約者はウシロと関の..
Weblog: ANIMA-LIGHT:アニメ・マンガ・ライトノベルのレビュー検索エンジン
Tracked: 2007-09-15 19:36
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。