2007年08月14日

瀬戸の花嫁第拾九話

snapshot286.jpg


瀬戸の花嫁第拾九話 「ショウほど素敵な商売はない」の感想です。


今回も面白かった。欲望を抑えられなくなる人魚の薬「ウオ一発」を海・永澄以外の全員が飲んでしまい、やりたい放題な状況に。さるまげくん・・・エロのリミッター外し過ぎだろ。ちょっとうらやま・・・ゲフンゲフン。永澄も言ってましたが、いつまでもそのままの君でいてくれ(笑)。


一番凄かったのは作戦の考案者であるはずの明乃。いろいろ溜まってるんだなあ。友達を分けろとは、やはり本音では一匹狼は嫌なんですねえ。まるで別人じゃん。クールなあけのんもいいけど、こういうハイテンションな彼女もなかなか。「抱きしめろ、強くだ!」っていうセリフどっかで聞いたことあるような・・・何だったっけ。


留奈・巡・委員長もスゴイことに。各々に溜まってるものがあるのですねえ。留奈なんかエロいな〜和服に赤くなった顔と潤んだ瞳、こうエロ要素が揃うと凄まじいものがあります。このハッピー野郎・・・永澄ぶっころ。委員長は強く生きてください(笑)。極めつけはエラ呼吸新鮮組、実際のものとは字が違うけど、それで正解かも。「牙突」には吹いた。マグ郎そんな技つかえるのかよ。燦は思いの強さゆえからかあまり変わらないようでした。久々のハウリングボイスに皆吹っ飛ばされていましたが・・・。


修学旅行で見ないと思っていたら埼玉にいた今日の政さん。「母さん返せ」永澄パパの哀しき心の叫び。哀しい、哀しいよ(笑)。まあ確かに政さんのせいとも言えなくもないですな、人妻殺しだし。次回はバカ親父達の挽歌。燦ちゃん留奈ちゃんご愁傷様です。次回も期待ですね。
posted by へっぽこ二等兵 at 11:26| Comment(0) | TrackBack(2) | 瀬戸の花嫁 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

瀬戸の花嫁 第拾九話
Excerpt: 今回は、「今日の政さん」が全てでしょう(笑)。ついに真打(永澄パパ)が登場しましたし。
Weblog: 方丈にて徒然なるままに
Tracked: 2007-08-14 16:55

レビュー・評価:瀬戸の花嫁/第9話 バトルランナー
Excerpt: 品質評価 21 / 萌え評価 35 / 燃え評価 11 / ギャグ評価 30 / シリアス評価 28 / お色気評価 9 / 総合評価 23<br>レビュー数 142 件 <br> <br> ある日の体育の授業中、謎の潜水艦..
Weblog: ANIMA-LIGHT:アニメ・マンガ・ライトノベルのレビュー検索エンジン
Tracked: 2007-09-26 19:33
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。