2007年08月06日

ぼくらの第16話

snapshot278.jpg


ぼくらの第16話「正体」の感想です。キリエ最後の時&マチの正体発覚な回でした。


キリエすげえええええ!!!!!

この一言に尽きます。目立たないけどジアースメンバー最強の男だったんですね(笑)。あの巨体をあれだけ自在に素早く動かせるのはスゴイ。しかも冷静かつ迅速、キリエのあまりの意外な実力に一同もただ驚くばかり。羊羹発言といい、えらい扱い悪いなと思っていたキリエですが、ここで一気に見せ場がありましたね。まさに切江洋介ここにありって感じでした。


タモツも普通にいい人ですね。彼が監督がブログで言っていたメンバーのお父さん的存在なんでしょうが、元職が職だけになんだかなあって感じがしないでもないですねえ・・・うーん。戦闘後、マチが未契約者であり、自分達をこのゲームに引き込んだ側の人間であることを看破するキリエ。パイロットに戦うことをたきつけたり、唯一戦わないことを非難したりと怪しい行動が多かった彼女。なるほどそういうことなら一連の行動にも辻褄が合いますな。許し難いマチの裏切りに激怒するアンコ。しかし運命は残酷にも次のパイロットを彼女に選ぶのでした。


子ども達が必死で運命と戦っている中、各々の思惑が渦巻いている大人達の世界。感情だけでは動けない事情もわかるのですが・・・これではあまりに子ども達が浮かばれない。彼らの世界を守っているのは子ども達というのにねえ。次回は残っているメンバーの中ではある意味一番まともな感性の持ち主・アンコがパイロット。以前から常々死の恐怖に怯えていた彼女、いよいよその運命に直面した時何を思うのか。父親との関係、カンジとの恋の行方も気になるところ。期待しましょう。
posted by へっぽこ二等兵 at 10:28| Comment(0) | TrackBack(2) | ぼくらの | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/50453821

この記事へのトラックバック

(アニメ感想) ぼくらの 第16話 「正体」
Excerpt: テレビアニメ『ぼくらの』DVD Vol.1 古茂田議員によって、ジ・アースレポートの存在が明らかにされた。そして、それと同時にジアースに子供達が深く関わっていることが、世間にも知られることとなる..
Weblog: ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人
Tracked: 2007-08-07 04:57

レビュー・評価:ぼくらの/第16話 正体
Excerpt: 品質評価 5 / 萌え評価 9 / 燃え評価 3 / ギャグ評価 3 / シリアス評価 18 / お色気評価 0 / 総合評価 6<br>レビュー数 55 件 <br> <br> 前回の戦いは敵の自滅という形であっけなく幕を..
Weblog: ANIMA-LIGHT:アニメ・マンガ・ライトノベルのレビュー検索エンジン
Tracked: 2007-08-07 12:59
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。