2007年07月13日

ぼくらの第14話

snapshot265.jpg


ぼくらの第14話「迷い」の感想。いよいよ物語はオリジナル展開へと突入していきます。


田中さんは何故あそこまで子ども達を救おうとするのか。軍人としての本分を無視してまで・・・その理由が垣間見えた今回。いやあ、そう来ましたか。確かにそれならば田中さんが必死なのもも辻褄が合う。カンジの母親といい、いよいよ新解釈ってところですね。組長さんとも古い知り合いのようですし、田中さん一体どんな波乱万丈人生を歩んできたのでしょうか。あとこんな時なのにカンジとアンコイチャつき過ぎ(笑)。なんだかなー空気嫁。


まあ原作ファンの方は怒るかもしれませんが、元々まだ連載中の作品だけに設定の改編は仕方ないのかなと思います。この作品の性質上、アニメ版はアニメ版なりの「答え」を出さなければならないわけですし、監督のブログにもあったようにそのつもりでしょう。子ども達にその命をもって地球を救えというのはあまりにも過酷で惨い運命で田中さんがそれに異を唱えるのも理解できます。何故子ども達なのか。ここらへんは原作でも重要なところっぽいのでアニメでその問いにどれだけ答えられるか楽しみです。


今回の話でちょっと気になったのがマチ。死にたくないと訴える子ども達の中にあって唯一現状に肯定的というか事実を公表しようとする他のメンバー達を非難するような発言をしていました。自分の運命を受け入れた上での発言なのかもしれませんが、モジやダイチとかの覚悟というものとちょっと違う気がしてならないんですよねえ。エンディングでも一番最後尾ですし、何かの意図があるのかも・・・。原作でも怪しいと言われてる彼女、アニメ版ではどうなのでしょうね。


いろいろ大変なことになってきたアニメ版ぼくらの。田中さんに隠された事実に気付いた関さんはどうするのか。田中さんの過去とは。そしてウシロ・・・。次回も期待しましょう。


posted by へっぽこ二等兵 at 23:03| Comment(0) | TrackBack(2) | ぼくらの | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

(アニメ感想) ぼくらの 第14話 「迷い」
Excerpt: テレビアニメ『ぼくらの』DVD Vol.1 今回は、完全なオリジナル展開。前回、子供達が、正体不明の男達によって拉致されそうになる場面の続きであります。果たして、男達の正体は?そして少しずつ明ら..
Weblog: ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人
Tracked: 2007-07-14 09:49

レビュー・評価:ぼくらの/第14話 迷い
Excerpt: 品質評価 3 / 萌え評価 6 / 燃え評価 0 / ギャグ評価 0 / シリアス評価 24 / お色気評価 3 / 総合評価 6<br>レビュー数 29 件 <br> <br> 子供たちが気づかないうちに、ジアースを巡る事..
Weblog: ANIMA-LIGHT:アニメ・マンガ・ライトノベルのレビュー検索エンジン
Tracked: 2007-07-17 17:07
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。