2007年04月19日

地獄少女二籠第26話

snapshot206.jpg


地獄少女二籠第26話「あいぞめ」の感想。「同じ事を繰り返してはならない」怨みの連鎖から拓真を救うため、閻魔あいが選んだ道。それは自らが人柱となること・・・。今回は誰に強要されたわけでもない、自らの意思でとった行動だったのでした。


今まで私たちには何も出来ないと傍観を決め込んでいたあいの思いがけない行動。かつて人間の自分勝手なエゴで殺され、それ以来地獄少女として長きにわたり人の怨みを見つめ続けてきたあいは人の愚かさもその犠牲となる人の悲しみも知っているはず。やはりどうしても見殺しには出来なかったということでしょうか。


まあ落としどころとしてはこれしかなかったのかなあ。あいは不憫ですが、この連鎖を止めるにはあいが消えるしかなかったのかもしれません。人の怨みを自らが抱え、犠牲になることで最後は人として消えてった気がしますね。きくりの正体は最後までよくわからなかったような・・・地獄の使いだったようですが、それだけではないような描写・行動が数多くありましたしねえ。


でも地獄少女が消えても人の怨みの連鎖が消えたわけではない。最後の描写を見る限り、まだ「地獄少女」は終わらないようですね。まあ拓真にも救いが訪れたようですし、とりあえずハッピーエンド(?)なのかも。


最後に総評。何だか前作以上に考えさせられる作品でした。復讐自体非常に理不尽なものですし、どちらが正しいかなんてことは誰にもわからないのかもしれません。拓真みたいに純粋にいけないことって言えたらいいのですけどね。現代社会が直面する問題に少しは警鐘を鳴らせたのではないでしょうか。ひょっとしたら第三期もあるかもしれませんけど、個人的にはこれで締めちゃったほうがいいような気がします。第三期があったらあったでたぶん見るとは思いますけど(笑)。有難う閻魔あい。願わくは彼女に安らぎがあらんことを・・・。
posted by へっぽこ二等兵 at 00:00| Comment(2) | TrackBack(1) | 地獄少女二籠 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
どうも♪しばらくぶりです(汗
地獄少女は見たことが無いので何も言えないんですけどね;
知ってることは、ワラ人形で殺して自分も地獄行きっていう事ぐらいですね
Posted by トモヒカリ at 2007年04月20日 16:54
トモヒカリさんどうもです。

そうですねー地獄少女は結構好き嫌いが分かれる作品
だと思うので自分もあまり人には勧めないかもしれませんね。
けど作品とのフィーリングが合えば面白いとは思いますよ。
ただひたすらに暗いけど(笑)。
Posted by へっぽこ二等兵 at 2007年04月20日 21:45
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/39300873

この記事へのトラックバック

レビュー・評価:地獄少女/地獄少女 二籠 第二十六話「あいぞめ」
Excerpt: 品質評価 40 / 萌え評価 6 / 燃え評価 3 / ギャグ評価 3 / シリアス評価 59 / お色気評価 6 / 総合評価 22<br>レビュー数 32 件 <br> <br> そしてついに拓真の名前が地獄通信に書き込..
Weblog: ANIMA-LIGHT:アニメ・マンガ・ライトノベルのレビュー検索エンジン
Tracked: 2007-09-11 22:53
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。