2007年03月27日

地獄少女二籠第23話

snapshot189.jpg


地獄少女二籠第23話「不信」の感想。なんか見るの辛くなってきたなあ・・・あまりに可哀想で。前作の柴田親子は二人だったからまだマシだったけど、今回の拓真君は全くの孤立無援(今回蛍という少女が出てきていたけど)ですからねえ。しまいには地獄送りを彼のせいにしてなすりつける人まで出る始末・・・ここまで来るともはや彼の未来はすでに無いようにも思えます。それにめげず気丈に生きていこうとする彼の姿がかえって痛々しくてもう耐えられないっす。


どう収拾をつけるのかはわかりませんが、地獄送りが超常的な現象で決定的な証拠を提示できない以上、人の不信と恐怖を拭い去ることは出来ないでしょうし、何よりこのような幼い年で人の暗黒面を見せ付けられた拓真がそれを受け止めきれるかという問題もありますよね。ここまで消えるとただの失踪騒ぎじゃ収まらないだろうし、もう日本国内じゃ生活できないんじゃないかな・・・。悪魔の子ねえ・・・自分は周りの人々こそ悪魔に見えますが(笑)。原因がわからないのがかえって恐怖を増幅させている部分もあるのでしょうけど・・・なんか生前のあいのような感じになってきましたねえ。


それにしてもきくりは相変わらず謎の行動を取ってますね。蛍を自分達の世界に招待して何を考えてるんだか。何か理由はありそうなんですけどねえ。話から察するにこの兄妹が前作における柴田親子の役割を担っていると考えられますが、もし真実を知ったところで彼らに拓真を救うことは出来ないような・・・。やっぱりあい達が拾ってやるしかないんじゃないのかなあ。


「君が依頼を受けなきゃいい」拓真の言い分ももっともです。私たちには何も出来ないというあい達はこのまま傍観者のままでいるのか?ここまで来ると憂鬱アニメを通り越してなんか見ている側まで人間不信になりそうです(笑)。次回予告を見ると次回はもっと鬱展開のようですが・・・結末が気になるので頑張って見ます。期待しましょう。


posted by へっぽこ二等兵 at 22:20| Comment(2) | TrackBack(18) | 地獄少女 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんにちは。TBでお世話になってます「うつわの器」の桃鳥です。

初めてのコメントで恐縮ですが、『地獄少女』第23話と第24話のTB送信を間違えまして貴ブログのTB表示をめちゃくちゃにしてしまいました。それぞれの話数に一つずつ間違ったTBがありますのでお手数ですが削除のほうお願いします。

せっかく頂いたのに迷惑振りまいてごめんなさい(汗)。

へっぽこ二等兵さんの感想はいつも冷静で要点が簡潔にまとまっていて無駄がないな、と以前から感心してました。

残り話数少なくなりましたが、これに懲りずにTB頂ければ嬉しいです。
Posted by 桃鳥 at 2007年03月29日 22:20
桃鳥さんどうもです。

TBの誤送信の件、了解しました!

わざわざご丁寧にすいません〜。


感想へのお褒めのお言葉有難うございます。

そう言って頂けるとこっちも励みになります。

あと残り2話、ちゃんとTB送らせて頂きますのでどうかよろしくお願いしますね!
Posted by へっぽこ二等兵 at 2007年03月29日 23:06
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

地獄少女 二籠 第二十三話「不信」
Excerpt: 先週の「悪い事をしたら自分に返って来るとお父さんが言っていた」の拓真君のセリフを思い出しましたよ。
Weblog: White wing
Tracked: 2007-03-28 01:44

地獄少女 二籠 第24話
Excerpt: 『連鎖』 私は閻魔あい・・・ もう、地獄サーバーがパンク寸前よ。 これも、ラブリーヒルズの住人共のせい・・・ 一遍、2chにアンチスレでも立ててみる? スレタイは、そうね・・・ 【この個人..
Weblog: ACGギリギリ雑記
Tracked: 2007-03-28 06:27

地獄少女 二籠 第二十四話 「連鎖」
Excerpt:  午前零時に地獄通信にアクセスすると地獄少女が現れ、  怨む相手を地獄へ流してくれるらしい――。  都市伝説、地獄少女。  バブル期の狂騒によって生まれ、  そのまま時代から取り残され..
Weblog: 月の静寂、星の歌
Tracked: 2007-03-28 07:12

地獄少女 二籠 第23話 「不信」
Excerpt: 地獄少女二籠 第23話「不信」 周囲から拓真への疑惑は日に増していき、街は重苦しい雰囲気に包まれている。そんな事件に刑事の捜査が始まるが…。 脚本:広 真紀 絵コンテ:藤..
Weblog: ZEROのごとく!
Tracked: 2007-03-28 10:46

地獄少女 二籠 23話「不信」
Excerpt: 内藤源造(CV:宗矢樹頼)は、小牧公彦という男を地獄に流した。 どうやら前々から嫌に思ってたっぽいけど、合唱の練習のときの言葉でキレちゃったのかしら。 だが彼は、捜査している刑事・飯合誠一(CV:..
Weblog: * Happy Music *
Tracked: 2007-03-28 11:07

地獄少女 二籠 24話感想 『連鎖』
Excerpt: 遂にとんでもない事になった  町の連中が次々に地獄流しを始めやがった あんたら本当に分かってんのか?人を呪わば穴二つなんだぜ あんたらも地獄へ落ちるんだぜ なぁお嬢 死んだ後の話だけどね ..
Weblog: とことん青春!〜二籠に魅せられて・・・☆
Tracked: 2007-03-28 11:46

【地獄少女二籠】怨之弐拾参 「不信」
Excerpt: 今週の『地獄少女 二籠』第二十三話。
Weblog: 彩賀の徒然なるままに…
Tracked: 2007-03-28 12:46

ケンカのいいところは、仲直りができることね。
Excerpt: >>地獄少女 二籠 第23話 「不信」 今日のテーマ:リングウイルス亜種の自然発生説について。
Weblog: Je pense, donc je suis.
Tracked: 2007-03-28 15:40

地獄少女 二籠 #24連鎖
Excerpt: 前回もそうだったけど、今回ほど恨みの理由に意味がなく、依頼人とターゲットの名前がどうでもいい話はありません。ラブリーヒルズの住人による地獄流しも満員御礼でいよいよクライマックス。 どこで恨みを買って..
Weblog: うつわの器
Tracked: 2007-03-28 22:07

地獄少女 二籠(23)
Excerpt: [アニメ 地獄少女 二籠 第二十三話 「不信」] 「因果応報」 恨みの連鎖は絶えることなく続く。 とうとう、人を地獄送りにして消した原因を拓真に擦り付ける人まで現れた。 ますますこの街..
Weblog: 王様の耳はロバの耳 [beta3]
Tracked: 2007-03-28 22:09

地獄少女 二籠 24話レビュー
Excerpt: 一人が自殺すると、自殺者が増える。それに似た現象。最終的な責任がなすりつけられると思うと益々増長するということでしょう。それも大衆的な反応って気がします。普段から何も考えていないからそういう模倣を平気..
Weblog: Kazu'Sの戯言Blog(新館)
Tracked: 2007-03-28 22:16

地獄少女 二籠23話「不信」
Excerpt: うひゃ〜怒濤の展開ですよ〜。
Weblog: ライトニングソルジャー
Tracked: 2007-03-28 23:43

地獄少女 二籠 第23話
Excerpt:  流されては消えて。また怨みが生まれてまた、流されて。
Weblog: LUNE BLOG
Tracked: 2007-03-28 23:55

地獄少女 二籠 23話
Excerpt: 【地獄少女 二籠 23話 不信】 なんだか凄いことになってきましたね。 次回予告では、町の人がわら人形の糸を引きまくってるしΣ(;゚Д゚) そ..
Weblog: イム-るのつらつらレビュー日記
Tracked: 2007-03-29 02:03

地獄少女 二籠 第23話「不信」:合唱のオルガン
Excerpt: 合唱の練習でのいさかいが元で糸が引かれる。 30、40歳にもなって合唱なんてさせられたら嫌だな・・・ 自警団を作って紅林家を見張るラブリーヒルズ住人達。 寒そうなのによくやる・・・監視カメラ..
Weblog: 知識欲が旺盛で怠惰な大学生のブログ
Tracked: 2007-03-29 20:29

地獄少女 二籠 #23不信
Excerpt: (その1)ターゲット・他人の歌唱力をケチった男、小牧 依頼者・歌唱力をケチられた男、内藤 (その2)ターゲット・自分の歌唱力をケチった男を地獄流しにしたヤツ、内藤 依頼者・地..
Weblog: うつわの器
Tracked: 2007-03-29 22:11

地獄少女二篭 「不信」
Excerpt: 久しぶりに書く地獄少女 地域限定でとんでもないことが起こってますね
Weblog: 自由で気ままに 〜L'ala di liberte&agravei〜
Tracked: 2007-04-02 22:12

レビュー・評価:地獄少女/地獄少女 二籠 第二十三話「不信」
Excerpt: 品質評価 6 / 萌え評価 12 / 燃え評価 2 / ギャグ評価 16 / シリアス評価 46 / お色気評価 10 / 総合評価 17<br>レビュー数 50 件 <br> <br> 周囲から拓真への疑惑は日に増していき..
Weblog: ANIMA-LIGHT:アニメ・マンガ・ライトノベルのレビュー検索エンジン
Tracked: 2007-09-16 19:39
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。