2007年03月11日

地獄少女二籠第22話

snapshot185.jpg


地獄少女二籠第22話。今回は悲運の少年紅林拓真のその後のお話。運命は彼にどれだけ責め苦を味わわせれば気が済むのか・・・。この子が出るとわかった時点である程度結末は予想できましたが、なんかここまで見せる必要があったのかとも思いますねえ。唯一の救いはお父さんが辛くも命を取り留めたということくらいでしょうか。では第22話「憧憬」の感想です。


父母をその手にかけた「悪魔の子」と周囲の人々からは心無い誹謗中傷を受けながら、辛い日々を過ごす拓真少年。そんな中で唯一自分を犯罪者として見ず、普通に接してくれる少女と彼は出会います。少女の名は水谷せり。他の住民が出て行けと陰口を叩く中、せりだけは違った。そんなせりの飾らない姿に拓真は心を開き、一緒に住もうと提案するのでした。


あの事件以降、拓真に久々に訪れた平穏な時間。年上のお姉さんとの二人きりの生活(まあ一日だけだったけど)といえば突っ込みどころ満載のシチュエーションなわけですが・・・この子の今までの不幸を考えると茶化すことすら躊躇われる感じですねえ(笑)。せりはどうやらこの街を出て行こうと考えているようで、拓真も一緒に行かないかと誘うのでした。しかし入院中の父をそのままにしていくわけにはいきません。そこにまたまたきくりが訪問、拓真はその背後に地獄少女の影を感じ取るのでした。


骨女がきくりを回収しようとしますが、きくりは言うことを聞きません。そこであいが登場するとようやくきくりは拓真の家を出て行くのでした。藁人形トリオの言うことは全く聞かないきくりですが、あいの言うことだと一発で従うんですねえ。骨女達の立場ないですね(笑)。あいが姿を見せたことで、拓真はまたどこかで地獄送りが行われることを確信します。そしてその相手はもしや・・・。


拓真はせりに地獄少女のことを打ち明けますが、せりは拓真が度重なる不幸で弱っているとしか思ってくれません。まあ普通はそうだろうなあ、マジで!?と信じるほうが異常ですよね。その夜拓真は偶然せりが脅迫電話をしているのを目撃します。せりは脅迫していることを認め、経緯を拓真に打ち明けるのでした。


せりは自分の住処を奪ったこの街から出たいと思っていた。しかしそのために必要なのはやはりお金、そこでせりは一つの悪事を考えます。未成年であることと女であることを武器に、復讐も兼ねて自分の家を奪った建設会社の関係者であった蓮江を誘惑し、脅迫したとのこと。うーん・・・確かにせりは決して悪い子ではないとは思うのですが、この行為は頂けませんねえ。自分の住処を追われたせりには同情しますが、だからって悪事を行っていい訳じゃない。そしてせりはこの行為の報いを受けることとなります。


そして訪れたせりとの別れ。せりは落ち着いたら連絡すると言い残し、バイクで去っていきます。そして昨日の夜の電話の約束通り蓮江の家にお金を取りにいきますが、家の扉の向こうでは蓮江の妻が藁人形を手に立っていたのでした。なぜきくりが自分の前に姿を現したか、その真意に気づいた拓真ですが時すでに遅し、妻は糸を引いてしまい・・・。


拓真が駆けつけた時に残されていたのは壊れたバイクの残骸のみ。拓真はせりからもらったカエルの小物を握り締め、ただ呆然とするしかないのでした。せりより拓真が可哀想ですね・・・せりは地獄送りされても仕方ない部分もあるし。といえせりが同じ境遇の拓真に共感してくれた唯一の存在であったのも事実。罪は罪ですけど彼女は拓真のために生きていて欲しかった。運命のいたずらもここまでくると呪われているとした言い様がないなあ。


父母に続いて自分をわかってくれる友すら奪われた拓真。さすがのあい達も彼を不憫に思い始めたようです。されどあい達はただの執行者に過ぎず、出来ることはただ彼を見守るだけ。どうやら二籠では彼の行く末をラストまで追っていくことになりそうですね。次回「不信」、拓真の悲劇はまだ終わらないのか。そして彼に関心を示すきくりの真意は何なのか。期待しましょう。
posted by へっぽこ二等兵 at 22:07| Comment(0) | TrackBack(16) | 地獄少女二籠 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/35740830

この記事へのトラックバック

地獄少女 二籠22話「憧憬」
Excerpt: 「このアニメ飽きた…」
Weblog: ライトニングソルジャー
Tracked: 2007-03-11 22:39

地獄少女 二籠 第22話「憧憬」
Excerpt: 第22話「憧憬」 『悪魔の子』シリーズ? 第2章――。 不幸の星を背負った正しい少年・拓真くん再登場。 また不幸な目にあうのですか… 第14話「静かな湖畔」で、母を殺され、父を襲った犯..
Weblog: SERA@らくblog
Tracked: 2007-03-11 22:47

地獄少女 二籠 第二十二話「憧憬」
Excerpt: 予告では気づかなかったけど、今回登場した少年拓真君は第十四話の「静かな湖畔」の物語の最後で父親殺害未遂容疑者として警察に連行されたあの拓真君だったのですね。あの時はまだ蝉が泣いていたが、今はもう秋〜誰..
Weblog: White wing
Tracked: 2007-03-11 22:55

地獄少女 二籠 22話「憧憬」
Excerpt: 14話「静かな湖畔」に出てきた、紅林拓真少年。 拓真の父は一命を取り留めたものの、意識不明で入院中らしい。 そして拓真本人は、悪魔の子との噂が町中に広まって、皆から避けられてるよ。 どうやら主婦..
Weblog: * Happy Music *
Tracked: 2007-03-11 23:26

地獄少女 二籠・第22話
Excerpt: 「憧憬」 隣人によって母を殺され、父は意識不明。犯人が地獄に流されたため、犯人と
Weblog: たこの感想文
Tracked: 2007-03-11 23:27

地獄少女 二籠 第22話「憧憬」
Excerpt: 14話で登場した拓真が再度登場。 状況は以前よりも悪化してんなー。唯一の救いは父親が死ななかったことですね。 なんで拓真が犯人扱いされてるのか理解に苦しみます。 そんな中でも拓真はせ..
Weblog: おもちやさん
Tracked: 2007-03-12 01:05

地獄少女 二籠 第二十二話 「憧憬」
Excerpt:  ラブリーヒルズ――。  バブル期に発展を期待されていた新興住宅地は、  バブル崩壊と共に地価も下落し、  予定されていた新駅建設も見送られ、  そうした狂騒の爪痕だけを残した片田舎となっ..
Weblog: 月の静寂、星の歌
Tracked: 2007-03-12 01:24

地獄少女 二籠 第22話
Excerpt: 『憧憬』 私は閻魔あい・・・ きくり。それから骨女・・・ 面倒かけさせるんじゃねーよ。 反省会・・・覚悟しなさい。   「帰るよ」
Weblog: ACGギリギリ雑記
Tracked: 2007-03-12 01:41

「地獄少女 二籠」#22 憧憬
Excerpt: ドン底からさらにドン底へ・・・二籠はサディスティックに攻めています^^; 「拓真アフター」はかすかな希望とさらなる絶望で出来ていますorz では今回の地獄少女感想です。 地獄少女 二籠 箱..
Weblog: ラピスラズリに願いを
Tracked: 2007-03-12 01:54

地獄少女 二籠 第22話
Excerpt: 「憧憬」 す、救いがないよ、拓真(涙)!! 母は殺され、父親は一命を取り留めていたものの、意識不明の重体で入院中。 本当の犯人が既に地獄少女によって消されているなんて警察に言っても信じて..
Weblog: ラブアニメ。
Tracked: 2007-03-12 07:47

地獄少女 二籠 22話感想 『憧憬』
Excerpt: また会ったね 拓真! まだいじめられてるの?もっと酷くなってるよ だから もう誰も信じられなくなって…  じゃあ 地獄少女を呼ぶ? ううん 大丈夫 あの人に せりに会えたから もう大丈夫..
Weblog: とことん青春!〜二籠に魅せられて・・・☆
Tracked: 2007-03-12 10:14

『地獄少女二籠』#22「憧憬」(3/10)感想
Excerpt: 母が死に、父が重症となった拓真に、両親殺害の嫌疑がかけられる。近隣の住民の心無い噂話、疑いの目、その中で一人暮らす拓真。そんな拓真の前にセリと言う少女が現れる。開発された高級住宅地、バブルがはじけて作..
Weblog: よろず屋の猫
Tracked: 2007-03-12 12:01

地獄少女 二籠 第22話 「憧憬」
Excerpt: 静かな湖畔の時は可愛いと思わんかったのに、今は拓真凄い可愛いと思う ここ数週間で私の趣味が変わったのかな・・・。 この子なんでこんなにも可哀想なんだろ いつの間にか準レギュラーみたいにな..
Weblog: ばーむぅーすの徒然日記
Tracked: 2007-03-12 19:59

地獄少女 二籠(22)
Excerpt: [アニメ 地獄少女 二籠 第二十二話 「憧憬」] 拓真再び。第十四話「静かな湖畔」のその後。 まったく根も葉もない悪魔の子だという中傷ビラ。 そこに実際に起こってしまった(ように見える)..
Weblog: 王様の耳はロバの耳 [beta3]
Tracked: 2007-03-12 23:26

(アニメ感想) 地獄少女 二籠 第22話 「憧憬」
Excerpt: 地獄少女 二籠 箱ノニ (完全限定生産) 母を失い、父親も重症・・・さらには、両親殺害の容疑までかけられた拓真。近隣の住民からは悪魔の子と囁かれ、拓真は孤独の中にいた。そこに、せりと名乗る一人の..
Weblog: ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人
Tracked: 2007-03-14 00:44

地獄少女二籠 第22話
Excerpt: 「憧憬」 悪い事すると必ず自分にも帰ってくるって、お父さんが言ってた
Weblog: 本を読みながら日記をつけるBlog
Tracked: 2007-03-15 21:51
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。