2007年02月18日

地獄少女二籠第19話

snapshot173.jpg


地獄少女二籠第19話。400年の年月を経ても未だ消えない憎しみの因果の鎖。人間いいことは忘れてしまっても悪いことはなかなか忘れないものですしねえ。裸祭りなのはよかったですが、やっぱり内容的には重いものでしたね。そして今回の依頼に関連して輪入道とあいの出会いも描かれました。輪入道が以前言っていた通り、本当に昔は走り屋だったんですね。冷静な今の輪入道とは考えられないくらい目がいっちゃってたし(笑)。では第19話 「湯けむり地獄、旅の宿」の感想いきます。


今回の話は400年前と現代をリンクさせた二本立てのような感じでした。どちらの舞台も同じ嘉平庵という旅館。所有していた土地から温泉が湧き、これをチャンスと考えた創業者の嘉平はここで旅館業を営むことにします。しかし旅館業など嘉平にとっては全くの素人、そのノウハウを手に入れるために本場の有馬で旅館を営む家から自分の息子に嫁を迎えることにします。ところが息子にはすでに婚約者がいたため、自分のビジネスの成功のために嘉平はその婚約者との婚約を破棄させるという非情な決断を下します。その女性は子どもまで身ごもってるわけですからまあこれも今だったら人でなしな話なんですが、「家」の繁栄こそが第一の目的だった昔の世情から考えれば日常的にあったことでしょうがねえ。


しかしその女性は家の都合で切り捨てられたとショックを受け、嘉平に激しい憎しみを抱くようになります。そこで噂に聞いた「地獄絵馬」の儀式を行うことを決意するのでした。この頃夜道に現れる妖怪の話を聞いたあいはその妖怪に会いにいくことに。この頃から普通に現世への潜入活動は度々やってたんですね。団子屋で働いてたみたいだし。そして輪入道との初対面、あいの不思議な魅力に惹かれた輪入道は行動をともにしてみることにします。


時は変わって現代。400年ぶりの嘉平庵の温泉でくつろぐ輪入道の下に女子高生三人組が入ってきます。そのリーダー格と見られる伊知子はここの旅館には好きなだけ泊まれると自慢げに話します。伊知子は輪入道に何か秘密を漏らそうとしますが、旅館のおかみに遮られそのまま出て行ってしまいます。温泉に浸かりながら輪入道は400年前のことを思い出すのでした。


あいから自分のやっている「仕事」のことを聞かされる輪入道でしたが、地獄に送れば自分も地獄に送られるのではそんな危ない橋を渡る奴がいるわけないと懐疑的。しかし人とは業深き生き物でそういう人も「いる」とあいは言います。嘉平への怨みを抑えることが出来ない婚約者の女性はその条件を飲み、糸を引くのでした。この頃の地獄送りって遺体残ってたんですね、そいつはヘビィですなあ・・・。


そして現代において、元を辿れば嘉平の血を引く二人の女性の子孫が再び紡ぐ憎しみの連鎖。400年前とは逆に今度は流された側の人間の子孫である旅館の女将がかつて流した人間の子孫である女子高生を流すというなんとも哀しい結果に。たとえ直接400年前の因縁は知らなくとも、憎しみという感情は持っているだけで連鎖するものかもしれません。それだけ400年前のあの女性の憎しみが大きかったということでしょうか。今の社会でもたとえ世代が代わろうとも憎しみが未だ消えないなんてことはよくある話ですしね。確かに忘れちゃいけないことはありますが、憎しみを次世代に引き継がせようとするのはいかがなもんなのかなあ・・・。


ひょっとしたらあい達のやっていることは業深き人間に対する懲罰なのかもしれませんね。怨まれる人間も怨む人間も結局は同じ穴のムジナ。そういった感情を生み出すきっかけを作る側にも生み出す側にも責任はあるわけで、人の抱く憎しみは果てしないもの、あい達はそういった人間を裁いているとも考えられるわけです。しかしそういう負の感情をひっくるめて「人間」という生き物といえるわけですが・・・なんか哲学的になっちゃったなあ(笑)。まあ今回はあいの入浴シーンが見れたんで良しとしましょう(笑)。次回は親友絡みの話ですかね。前作でも親友絡みのエピソードがありましたがイタい結末だったもんなあ。今回はどうなるのか。次回も期待しましょう。



posted by へっぽこ二等兵 at 23:59| Comment(0) | TrackBack(28) | 地獄少女二籠 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

地獄少女 二籠19話「湯けむり地獄、旅の宿」
Excerpt: 「輪入道…邪魔だから退けって皆言ってるわ…」
Weblog: ライトニングソルジャー
Tracked: 2007-02-19 01:42

地獄少女 二籠 第十九話 「湯けむり地獄・旅の宿」
Excerpt:  かつてそこは不実と怨みと共に始まった。  晴らした者、晴らされた者、  確かに一つの終わりが有った。  しかしそこは無くなることなく残った。  それ故か、  呪いもまた消えるこ..
Weblog: 月の静寂、星の歌
Tracked: 2007-02-19 01:43

地獄少女 二籠 第19話「湯けむり地獄、旅の宿」
Excerpt: ★感想・第19話 重い話が続きすぎてスタッフさんも疲れたんでしょうか(笑)
Weblog: テトレト空想我学
Tracked: 2007-02-19 01:44

「地獄少女 二籠」#19 湯けむり地獄、旅の宿
Excerpt: 2時間ドラマで温泉といえばやっぱり入浴シーン! ある意味これで視聴率に関わっているのも過言ではないです・・・ 今回は視聴率5%も不思議じゃないぜ! それはさておき、今回は輪入道との出会い、そし..
Weblog: ラピスラズリに願いを
Tracked: 2007-02-19 02:15

地獄少女 二籠 第19話 「湯けむり地獄、旅の宿」
Excerpt: [[attached(2)]] 初っ端からあいの入浴シーンからですよ^^ いきなり画面に釘付けでしたw でも、予想以上に貧・・・いや、なんでもないですw [[attached(3)..
Weblog: リリカルマジカル
Tracked: 2007-02-19 04:09

地獄少女 二籠 第19話感想
Excerpt: 「第十九話「湯けむり地獄、旅の宿」」
Weblog: 少年カルコグラフィー
Tracked: 2007-02-19 05:16

地獄少女 二籠 第十九話
Excerpt: 「自分はまだ走れた」主を逃がしきれなかった無念を抱いたまま暴走を続ける輪入道。で
Weblog: ぶろーくん・こんぱす
Tracked: 2007-02-19 07:27

地獄少女 二籠 19話「湯けむり地獄、旅の宿」
Excerpt: 嘉平という男は、自分の土地に温泉がわいたので、温泉宿を始めるらしい。 だから息子・与平との祝言が決まってた、たみという女性に対し、急に与平と別れるように言いつけて。 そして与平の妻には、有馬で働い..
Weblog: * Happy Music *
Tracked: 2007-02-19 07:32

地獄少女 ニ籠・第19話
Excerpt: 「湯けむり地獄・旅の宿」 安土桃山の時代。突如、温泉が沸いた土地。地主である大喜
Weblog: たこの感想文
Tracked: 2007-02-19 07:34

地獄少女 二籠 第19話
Excerpt: 「湯けむり地獄、旅の宿」 え? 一目連だけ入浴シーンないの? 今回は現代と、輪入道が初めてあいちゃんの仕事に関った時のこと、2つ同時進行。 どちらも同じ温泉旅館での出来事で、温泉といえば..
Weblog: ラブアニメ。
Tracked: 2007-02-19 07:50

あたしのフンドシ姿に萌えたでしょ?byキクリ
Excerpt: 第拾九話「湯けむり地獄 旅の宿」     前回は輪入道の生い立ちでしたが今回はその出逢いですか 未練があって走り回るのってすげぇ迷惑なんですがw 誰かを乗せていた頃が懐かしくて歩いている人を見つ..
Weblog: 睡魔と戦うのって大変だ
Tracked: 2007-02-19 08:03

地獄少女 二籠 第19話「湯けむり地獄、旅の宿」
Excerpt: 第19話「湯けむり地獄、旅の宿」 ならば、足になりなさい――。 輪入道とあいの出会ったのは、温泉宿だった。 因果は巡り、あいたちは再び同じ宿に。 輪入道、若き日の肖像(違)って…会..
Weblog: SERA@らくblog
Tracked: 2007-02-19 08:45

地獄少女 二籠 19話感想 『湯けむり地獄、旅の宿』
Excerpt: この宿には思い出がある 覚えているかい?お嬢 あの頃の俺は走ってた  そうね 走っていたわ お嬢に会ってなきゃ どうなっていた事か 良〜いお湯♪ あぁ あの頃と同じ いや ちょいと変..
Weblog: とことん青春!〜二籠に魅せられて・・・☆
Tracked: 2007-02-19 11:57

地獄少女 二籠 第19話 「湯けむり地獄、旅の宿」
Excerpt: わ〜い!ハダカ祭りだぁー けどなんで連くんのヌードはないんですかぁ 輪入道とお嬢の出会い話なわけですが、現在と過去を上手い具合に組み合わせたお話しでした。 呪われてますねあの宿... ..
Weblog: ばーむぅーすの徒然日記
Tracked: 2007-02-19 17:18

地獄少女 二籠 第十九話「湯けむり地獄、旅の宿」
Excerpt: 時代は桃山時代だろう。自分の敷地内に温泉が涌いたのを機に温泉宿を営もうとする宿主は、息子の決まっていた縁談を急遽断り、代わりに有馬温泉で働いていた女性を息子の妻にさせる。無理矢理に別れさせられた女性は..
Weblog: White wing
Tracked: 2007-02-19 20:16

地獄少女 二籠(19)
Excerpt: [アニメ 地獄少女 二籠 第十九話 「湯けむり地獄、旅の宿」] 今回の話は輪入道の過去編でした。 「最初の客が、最後の客って訳か」(輪入道) 輪入道がかかわった最初の地獄流しと、その..
Weblog: 王様の耳はロバの耳 [beta3]
Tracked: 2007-02-19 20:23

地獄少女 二籠 #19湯けむり地獄、旅の宿
Excerpt: 依頼者・湯元百合江 ターゲット・藍田伊知子 流し流されうりうらら~な話は第17話「沈黙のまなざし」で親子間の地獄流し連鎖がありましたが、今回は代を経て依頼者とターゲットの入れ替わりであり、同じ子孫と..
Weblog: うつわの器
Tracked: 2007-02-19 21:58

地獄少女 二籠 第19話
Excerpt: 『湯けむり地獄、旅の宿』 私は閻魔あい・・・ 見せてあげるわ・・・ これが、地獄絵馬式片乳隠し。 この裏に、怨んでいる相手の名前を書けば 地獄に流すことも出来る。 ただし。自分も地獄に堕ち..
Weblog: ACGギリギリ雑記
Tracked: 2007-02-19 22:02

(アニメ感想) 地獄少女 二籠 第19話 「湯けむり地獄、旅の宿」
Excerpt: 地獄少女 二籠 箱ノニ (完全限定生産) 覚えているか?お譲・・・初めて出会った時のことを?あの頃俺は、ずっと走り続けていた・・・。
Weblog: ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人
Tracked: 2007-02-19 23:00

地獄少女 二籠 第19話「湯けむり地獄、旅の宿」
Excerpt: サブタイトルからしてセンス溢れてます(どう見ても風呂話だから喜んでるだけ。) それと絡めて輪入道の過去が再び語られます。この回想は姫様を失った後の話のようですね。 全く関係ないけど、全..
Weblog: おもちやさん
Tracked: 2007-02-19 23:14

地獄少女 二籠 400年の怨念(・・?
Excerpt: 今までのお話はこんな感じ… 一話地獄少女 二籠 閻魔あいちゃん帰って来た(〃∀〃)ポッ 二話地獄少女 二籠 人間のクズは死んでいいですね(-_-#) 三話地獄少女 二籠 三者三様…(ノ ̄□ ̄..
Weblog: zenの日記
Tracked: 2007-02-20 01:13

地獄少女のトリビア38
Excerpt: 私の出身地道後温泉から較べると、つい最近湧いたばかりの温泉地など由緒、縁に重みがありません。やはり皇族が入浴しないことには箔がつきませんもの。 ついでに自慢すると私の出身校は額田王が朝鮮派兵..
Weblog: Anime in my life 1号店
Tracked: 2007-02-20 20:40

地獄少女 二籠 第19話 湯けむり地獄、旅の宿
Excerpt: なんてエロイアニメなんだ。性的すぎるよ。 肌が露出していた時間の方が遙かに長かったんじゃないだろうか。 画面が全体的に白っぽかった。 一時話題になった温泉偽装の話題。 そこに脅迫を混ぜるこ..
Weblog: なななな駄文
Tracked: 2007-02-21 11:14

地獄少女 二籠 第19話「ゆけむり地獄旅の宿」:真っ赤なきくり
Excerpt: 温泉に入るあい、きくり、輪入道。 今回は本当に初っ端から最後までサービスシーン満載の回だった。 心底今まで観続けてきて良かったw 輪入道とあいが出会ったシーンが描かれる。 なんであいは修行..
Weblog: 知識欲が旺盛で怠惰な大学生のブログ
Tracked: 2007-02-21 16:09

地獄少女 二籠 第19話
Excerpt: 「湯けむり地獄・旅の宿」 ならば、足になりなさい。
Weblog: 本を読みながら日記をつけるBlog
Tracked: 2007-02-21 22:01

地獄少女 二籠 第十九話 「湯けむり地獄、旅の宿」 感想
Excerpt: 人ってのは、因果に出来てるんだねぇ――
Weblog: 日々の徒然言
Tracked: 2007-02-22 00:32

地獄少女 二籠 19話
Excerpt: 今回の地獄少女 二籠は、あいと輪入道の出会った場所での過去と現在。登場したほとんどの女性キャラの入浴シーンのおまけ付きですw依頼者をゆかなさん、ターゲットを水沢史絵さんが演じました。
Weblog: ホビーに萌える魂
Tracked: 2007-02-22 01:34

地獄少女・二籠 第19話「湯けむり地獄 旅の宿」
Excerpt: 地獄少女・二籠 第19話「湯けむり地獄 旅の宿」の感想です。        
Weblog: 狸のゴミクション
Tracked: 2007-02-24 01:41
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。