2007年02月06日

地獄少女二籠第17話

snapshot165.jpg


地獄少女二籠第17話。ついに明かされた一目連の過去。それはちょっといい終わり方だったのでいいのですが、本筋の地獄送りのお話が重すぎる。この救いようの無い展開は何とかならないもんでしょうかねえ。こう辛い話が続くと見てるこっちまでまいってしまいますよ。今回もいたたまれない展開の第17話「沈黙のまなざし」の感想いきます。


今回の地獄送りの依頼者は千脇寧々という少女。彼女が地獄に送りたいのは・・・母親。しかしターゲットの母親のことを一目連達は知っていました。何故ならその昔夫の暴力に耐えられず、娘を守るために地獄送りの契約を結んでいたのでした。そんなこととは露知らず、父方の祖母に嘘を吹き込まれた寧々は母穂波を父の仇と思いこんでいて・・・。


いけないこととは思いつつもこのままでは取り返しのつかないことになってしまう、と夫を地獄送りにした穂波。やはり幼い頃のことなので寧々は覚えていないようでこのことが逆に仇となってしまいます。何も知らない寧々にある事無い事吹き込んでいたのが夫平太郎の母親。おそらく穂波に息子を殺されたと思い込んでる(まあ外れてはないが)母親は報復として愛娘の寧々を奪ってやろうという腹積もりなのでしょう。しかしその頃の実情を見て全てを知っている一目連は不快感を隠せません。この母親も言えた筋合いじゃないだろ。ていうかですね、全てにいえることですがたとえ暴力に加わらずとも何もせず黙認するのも同罪だと思います。嫁はともかく自分の孫が泣いているのにあの発言はないよなあ。あの夫にしてあの母親ありってところでしょうか。


一目連が掟を破り介入するのでは、と危惧した輪入道は一目連に釘を刺します。かつて刀として多くの命を奪ってきたかつての自分、たとえ自分が望まずとも自分には何も出来ずただ見てるだけでその身を血に染めてきた一目連にとっては黙視できない気持ちが沸き起こるのでした。そんな中、「報せてあげれば?」ときくりが囁きます。一目連は断ったが、禁を犯すことを恐れていないかのようなこの発言、やはりこの子は別の思惑がありそうですね。


寧々が祖母の元に行きたいと言いますが、穂波はそれが寧々の望んだことならば、とそれを認めます。寧々の生活資金にと祖母にお金を渡すため家にやってきた穂波と祖母の会話を偶然聞き、真実を知ってしまった寧々は家を飛び出していってしまいます。


今まで自分が信じていたもの全てが欺瞞だった。何も信じられなくなってしまった寧々は追いかけてきた穂波から真実を聞かされます。自分は寧々が手を下さずとも地獄行きは決まっている。何も寧々までが地獄に行くことは無いと穂波は言うのでした。寧々にこんな思いを抱かせたのは自分の罪。それを償うことで寧々が幸せになれるのなら・・・と穂波は歩道橋の上からその身を投げるのでした。その後に残されたのは娘の悲しい絶叫・・・。


穂波は死ぬ必要はあったのでしょうか。逆に十字架を背負わせてしまったような気がするのですが。娘のことを真に思うのなら、罪を背負い続けてでも彼女は生き続けなければならなかったように思います。あまりにもお先真っ暗な結末に自分も何も見えません(笑)。寧々はこれからどうするんでしょう・・・。唯一の救いは一目連でしょうか、血に塗れた年月を経てようやく安らげる場所を手に入れた一目連。一目連があい達を大切に思っていることが窺えますね。同じような境遇を生きてきたメンバーだし、この人達の絆は何よりも深いものなのでしょう。ソウルメイトみたいな感じの。次回は「あのひとの記録」期待しましょう。


posted by へっぽこ二等兵 at 23:04| Comment(0) | TrackBack(18) | 地獄少女二籠 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

【地獄少女二籠】怨之拾漆 「沈黙のまなざし」
Excerpt: 今週の『地獄少女 二籠』第十七話。
Weblog: 彩賀の徒然なるままに…
Tracked: 2007-02-07 07:26

地獄少女 二籠 第17話
Excerpt: 「沈黙のまなざし」 一目連に家族って呼ばれたい!! 今回はついに一目連の過去が明らかになりました。 おまけに一目連の裸体(後姿)まで拝めて2度お得。 事件の方は、父方の祖母にあるこ..
Weblog: ラブアニメ。
Tracked: 2007-02-07 07:50

地獄少女 二籠 第十七話 「沈黙のまなざし」
Excerpt:  ただ、見ているだけ。  いつしか人に失望していた。  やがて人の世を離れ、  そのまま、ただ朽ち逝くはずだった。  そんなとき、 “お嬢” と出会った――。
Weblog: 月の静寂、星の歌
Tracked: 2007-02-08 06:01

いつものハムスターじゃな〜い!(泣)
Excerpt: . . . . . ライトノベル界まで手を伸ばした地獄少女二籠の17話「沈黙のま
Weblog: Le mouvement premier
Tracked: 2007-02-08 10:04

地獄少女 二籠17話「沈黙のまなざし」
Excerpt: うお!?アリカだ!アリカが地獄少女に出とる!!
Weblog: ライトニングソルジャー
Tracked: 2007-02-08 22:04

地獄少女 二籠 17話「沈黙のまなざし」
Excerpt: 冒頭の描写で、なんとなく一目連の正体が分かった感じがするけどさ。 どうやら一目連は、もとは剣(日本刀)だったみたい。 依頼してきた千脇寧々(CV:間宮くるみ)に、赤いワラ人形を渡した、あい。 ..
Weblog: * Happy Music *
Tracked: 2007-02-08 22:42

地獄少女 二籠 第17話 「沈黙のまなざし」
Excerpt: [[attached(2)]] 今回の依頼人は千脇寧々。流す相手は母親。 その母親の穂波は11年前に夫の暴力から娘を守るため地獄少女と契約して夫を地獄に流していた。 [[attach..
Weblog: リリカルマジカル
Tracked: 2007-02-08 22:44

地獄少女 二籠・第17話
Excerpt: 「沈黙のまなざし」 自分の過去のことを思い出している一目蓮。そんなところへ、仕事
Weblog: たこの感想文
Tracked: 2007-02-08 22:51

「地獄少女 二籠」#17 沈黙のまなざし
Excerpt: 一目連ファン増加週間だ(・ω・)人(・ω・)ね〜 ♪探し物は何ですか? 見つけにくいものですか? カバン(ry ではでは今回の地獄少女二籠の感想です。 地獄少女 二籠 箱ノニ (完全限定生..
Weblog: ラピスラズリに願いを
Tracked: 2007-02-09 00:17

地獄少女 二籠 第17話
Excerpt: 『沈黙のまなざし』 私は閻魔あい・・・ 「どうしてオレを誘う・・・?」 後ろのハゲをよく見なさい。 あんなのと2人きりで、地獄少女やれって言うの? アナタみたいなイケメンが必要なの。 ・・..
Weblog: ACGギリギリ雑記
Tracked: 2007-02-09 00:34

地獄少女 二籠 第17話 沈黙のまなざし
Excerpt: 壮絶な母娘愛。 今後娘は一人で生きていくのでしょうね。 地獄少女に依頼して死後地獄行きが確定している人間が出てきたのは弐度目でしょうか。 母娘二代にわたって地獄少女に依頼しなければならないと..
Weblog: なななな駄文
Tracked: 2007-02-09 01:35

地獄少女 二籠 第17話「沈黙のまなざし」:円盤投げ
Excerpt: 一目蓮は昔刀だったことが判明。 最初は人間だったと思っていたのでこれは意外。 祖母「証拠が何だい!動機だけありゃ十分だろ」 いや証拠がないと無理だろw 確かに激昂したらこんなことを言ってし..
Weblog: 知識欲が旺盛で怠惰な大学生のブログ
Tracked: 2007-02-09 03:05

地獄少女 二籠 17話
Excerpt: 今回の地獄少女 二籠は、一目連の過去が見れました。過去の依頼者がターゲットとなり、依頼者の為か自殺によって依頼無効に。依頼者を間宮くるみさん、ターゲット・を岩男潤子さんが演じました。
Weblog: ホビーに萌える魂
Tracked: 2007-02-09 22:16

地獄少女 二籠 第十七話「沈黙のまなざし」
Excerpt: 11年前に一人の女性が自分やまだ幼い娘に対して暴力を振う夫を許せずに地獄少女と契約をして自分の夫を地獄へと流した。11年後、今度はその契約者の娘(寧々)が母親を地獄に流して欲しいとあいと契約です。なん..
Weblog: White wing
Tracked: 2007-02-10 01:08

地獄少女的コントvol.17/地獄少女 二籠 第17話「沈黙のまなざし」感想
Excerpt:  骨女と輪入道の過去も明らかになって今回は一目連の過去話です。  おさらいしておくと  輸入道→車輪?  骨女→遊郭の遊女  という感じで二人の過去はまぁ割合判明していたわけでして。 ..
Weblog: Rの世界
Tracked: 2007-02-10 01:35

地獄少女 二籠 第17話 「沈黙のまなざし」
Excerpt: 第十七話 「沈黙のまなざし」 俺は何も言えない。…ただ見てるだけ――。 見ること―それが一目連の役割。 あいと出会う前も、今もそれには変わりはない。 さまざまな理由で人の命が失われるの..
Weblog: SERA@らくblog
Tracked: 2007-02-10 09:18

地獄少女 二籠 第17話 「沈黙のまなざし」
Excerpt: え〜!妹ネタじゃないのぉ!!?? てっきり人間だったと思ってたよ!刀かよ! べ、べつにそれでもィィけどさぁ。。みっともない嫉妬せずに済んだし、それに・・・ 連君になら切られたい!!! ..
Weblog: ばーむぅーすの徒然日記
Tracked: 2007-02-10 09:53

地獄少女 二籠 第17話 「沈黙のまなざし」
Excerpt: ババァがうぜぇ。そして、頭悪すぎのガキにマジでブチっときた。いつ、紐が解かれるのか見ていてひやひやしましたよ…。
Weblog: ブログ 壁
Tracked: 2007-02-11 23:10
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。