2007年01月07日

地獄少女二籠第13話

snapshot152.jpg


二籠第13話。今回のラストも後味の悪いものでした。娘の椿にしたきくりの行為は独断だったようですし、ひょっとしたらきくりはあい達とは違う思惑で動いているのかもしれませんね。罪には罰を与えねばならない、これは世の理ではありますけど貴八にとってはあまりにもきつい仕打ちですね・・・。では第13話「Vの惨劇」の感想です。


馬にも色々あるけれど許しちゃいけない馬がある、それは野次馬。真夜中、そんな口上を述べながら逃げ惑う男を串のようなもので首を一突き、殺害した謎の男。おお、現代の世にも「必殺仕事人」が!?多分狙っての演出なんでしょうけどいいですね、こういうのも。そして翌日発見された男の遺体の手は何故かVサインをしていて・・・。


巷は連続通り魔殺人事件の話題で持ちきり。警察が慌しく動き回り街は物々しい雰囲気でした。とある焼き鳥屋でもその話題が客から上がります。気の毒に、と被害者を客達は哀れみますが、店の主人で今回の依頼者である久住貴八は殺されるのには何らかの理由があるはず、と犯人を擁護するかの発言。ここらへんは難しい問題ですけどねえ、理由があったら殺してもいいのかっていうとやっぱりそれも違うし・・・。でも世の中にはどうしようもない奴らがいるのも事実、うーむ。


貴八はどうやら体を病に蝕まれているようで、主治医の津田という若い女性が入院するよう貴八に訴えますが貴八はそれを拒否。今の彼には自分の体よりもしなければならない大切なことがあったのでした。それは復讐、店の客が言っていた地獄通信にアクセスし名前を書きかけるも何故か途中でやめてしまいます。


翌日からあい達は貴八の身辺調査を開始します。輪入道は街でネタ探し、骨女はターゲットの調査、そして残った一目連が貴八のことを調べることになりました。一目連は依頼者の店がアルバイトを募集していることを知り、アルバイトとして潜入することにします。お嬢もそれは名案と賛同するのでした。いつものようにお店にやってくる常連客、店の暖簾をくぐった彼らの前に飛び込んできたのは思いがけない光景でした。そこには客の注文を取りにやって来るあいときくりの姿が。え!?あいときくりもバイトすんのかよ(笑)。あいはともかくきくりはなんか無理があるような気も・・・実際客も引いちゃってるし。貴八はなかなか懐の広い人物のようですね。


貴八は飲酒運転を憎んでいるようで、それは五年前に飲酒運転の車が店に突っ込み、妻と息子をなくしているからだと常連に聞かされます。そして一命を取り留めた娘さんも五年間意識が戻らないとのこと。一目連は娘さんが入院している病院を訪れます。一目連は娘さんの椿に声を掛けますが、ちょうど見舞いに来ていた貴八は無駄なことはするなと制するのでした。貴八はもうダメと諦めているようで、一目連は最後まで娘の回復を信じてあげなきゃと貴八を諭すのでした。でも信じ続けるって行為にも多大なエネルギーがいるわけで、五年も昏睡状態だったら心が折れそうになるのも仕方がないのかもしれません。しかしこの貴八の諦めが不幸の始まりといえるわけですが・・・。


あい達は輪入道のおでん屋で作戦会議。骨女によれば依頼者とターゲットの間には接点がないという。輪入道の手に入れた資料から犯人の殺害の手口が判明します。それを見た一目連の脳裏にはある人物の名が浮かび上がります。そんな中、恨めしい表情を浮かべるきくりに見せ付けつけるかのようにあいは最後のウィンナーを頬張るのでした。相変わらずマイペースだな、この人は(笑)。


一方、病院で死の宣告をされた貴八は最後の仕事に向かいます。その夜、ターゲットに襲い掛かる貴八。しかし手を下そうとしたその時、体に激痛が走りターゲットに逃げられてしまいます。後を追ってきた一目連の手で家に戻ってきた貴八は一目連になぜこんなことをしたのか語り始めます。


事故があったあの日、瓦礫となった我が家の前で悲しみに暮れる貴八のそばでテレビ中継が行われていました。しかしそこには不幸な事件にも関わらずカメラに映ろうとピースするという心無い行為をする愚かな野次馬のバカ共の姿が。その行為は貴八を激怒させるのでした。自分に先がないことを知り、椿も目を覚ますことはないだろうと貴八はあの場にいた心無い連中に裁きを与えることを決意します。でもわかります。殺したかどうかはわかりませんが自分だって当事者だったら殴るくらいは確実にしたことでしょう。無関心にも程があります(怒)。


もはや体も満足に動かない貴八は最後の望みを地獄通信に託します。契約の場で、地獄送りとは別に今まで人を殺めてきた罪は償うことになるだろう、とあいは言います。それを了承し貴八は糸を引き、ターゲットは地獄に送られます。ここまでは仕方ないのかなというお話。しかし・・・。


ここからあいの言っていたもう一つの罰が始まります。それはもう駄目だと思っていた椿の回復。普通回復は喜ばしいことですが今回は逆、それは娘に「犯罪者の娘」という十字架を背負わせることになってしまう。貴八に残ったのは激しい後悔なのでした。自分はどうなってもいいにしても家族の無念を晴らすべく行為に及んだ貴八にとってそれは死よりも重い罰だったことでしょう。椿ちゃんにも目覚めた矢先、悲しみが降りかかると思うとキツイですね・・・。


きくりって何なんでしょうか。あい達が人の怨みに関して複雑な心境を見せているのに対し、この子にはそれが無い。それは子どもゆえの残酷さから来てるのかそれとも・・・。次回も期待しましょう。


posted by へっぽこ二等兵 at 23:56| Comment(0) | TrackBack(25) | 地獄少女二籠 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

地獄少女 二籠 第13話「Vの惨劇」
Excerpt: 第13話「Vの惨劇」 サブタイからしてミステリー風味な回です。 ラストの鬱さはシリーズ屈指なのですが… ウインナーで笑わせて最後に、視聴者を奈落に突き落とす(^^; 前代未聞の憂鬱アニメの..
Weblog: SERA@らくblog
Tracked: 2007-01-08 00:38

地獄少女 二籠13話「Vの惨劇」
Excerpt: V!V!V!ビクトリ??♪
Weblog: ライトニングソルジャー
Tracked: 2007-01-08 00:39

地獄少女 二籠 第十三話 「Vの惨劇」
Excerpt:  夜を騒がす通り魔連続殺人事件があった。  犠牲者の関連は不明、動機も不明。  そんな中、地獄通信に依頼をしようか、  迷い、悩む壮年の男の姿があった。  早速、地獄通信一行は調査を開..
Weblog: 月の静寂、星の歌
Tracked: 2007-01-08 00:46

人間というのは究極のところ 信じるか信じないかの生き物だ
Excerpt: >>地獄少女 二籠 第十三話 「Vの惨劇」 今日のテーマ:束縛なき自由及び完全なる支配の是非について。
Weblog: Je pense, donc je suis.
Tracked: 2007-01-08 01:01

地獄少女二篭 13話「Vの惨劇」感想
Excerpt: 地獄少女 二籠 箱ノ一 ★★★★★★(10段階評価)被害者には接点がなく、共通点は被害者の手がVサインのマークになっていること、そして凶器が竹串という小さな町で起きた奇妙な連続殺人。不安と好奇心から..
Weblog: 月の砂漠のあしあと
Tracked: 2007-01-08 01:04

地獄少女 二籠 第13話
Excerpt: 「Vの惨劇」 空気読めない野次馬の悲劇!! 何故か死体がVサインをしているという、小さな町で起こった謎の連続殺人。 地獄通信にアクセスしてきたものの、依頼まで踏み切らない焼き鳥屋の主人の..
Weblog: ラブアニメ。
Tracked: 2007-01-08 01:07

地獄少女 二籠 第13話 「Vの惨劇」
Excerpt: [[attached(2)]] 仕事人を思わせるような見事な殺し方。 被害者は何故かVサインさせられています。 今回は何やら殺人事件のお話かな・・・・ と思ったらそうでもなかったですねw ..
Weblog: リリカルマジカル
Tracked: 2007-01-08 01:12

地獄少女 二籠 第13話「Vの惨劇」
Excerpt: 今回は連続殺人事件がテーマ? こういったサスペンス的な趣向も面白いですね。 お譲&きくりの板前姿が可愛すぎる!特にあいが素敵ね! いつもだったらコスプレはちょっとだけ映して終わりって..
Weblog: おもちやさん
Tracked: 2007-01-08 01:25

「地獄少女 二籠」#13 Vの惨劇
Excerpt: 今年最初の「地獄少女二籠」です! ほんといきなり憂鬱アニメ全開でしたww そして今年最初のアニメシャワー。 1月テーマ曲にBeForUの「Red Rocket Rising」キタ――――(゜..
Weblog: ラピスラズリに願いを
Tracked: 2007-01-08 02:09

地獄少女 二籠 第13話 「Vの惨劇」
Excerpt: 地獄少女 二籠   評価:3.5   [現世版『スカイハイ』]   アニマックス : 10/07 19:30   東京MXテレビ : 10/07 22:00〜   MBS : 10/07 2..
Weblog: アニメって本当に面白いですね。
Tracked: 2007-01-08 07:17

地獄少女 二籠 第13話
Excerpt: 『Vの惨劇』 私は閻魔あい・・・ はんぺん。「きくりウインナー♪」 がんもどき。「きくりウインナー♪」 ・・・牛すじ。「きくりウインナー♪」 !? ・・・いいかげんにしなさい。きくりウインナ..
Weblog: ACGギリギリ雑記
Tracked: 2007-01-08 08:03

地獄少女 二籠 第13話 「Vの惨劇」
Excerpt: アニプレックス 地獄少女 二籠 箱ノ一 ぇ、これって実は凄いシリアスな話しだよね(笑 なんかもうギャグ要素で全部ふっとんだ。 ぁぃたんときくりがいいコンビになってるね。..
Weblog: ばーむぅーすの徒然日記
Tracked: 2007-01-08 10:00

地獄少女 二籠 第13話感想
Excerpt: 「おでんの屋台でのくだりが面白いですわー!」 「はんぺん→がんもどき→牛スジ→ウィンナー……」 「ウィンナーだけを注文していたきくりは、最後の一つをあいタソがオーダーしてしまったの..
Weblog: 少年カルコグラフィー
Tracked: 2007-01-08 10:26

だからと言って殺しちゃいけねぇby輪入道
Excerpt: 第拾参話「Vの惨劇」     別の作品でほぼこれと似た話を読んだのですが今回の話って元ネタがあるのでしょうか? まぁ不幸の状況でTVに写りたいだけでこれをやられると確かに関係のない自分でさえ腹が..
Weblog: 睡魔と戦うのって大変だ
Tracked: 2007-01-08 10:46

地獄少女 二籠 第十三話「Vの惨劇」
Excerpt: 小さな町で連続殺人事件が続いていた。被害者には接点が全くなく、どの死体も片方の指はVサインを示していた。その町で居酒屋を営んでいるオジさんが今回の依頼人です。
Weblog: White wing
Tracked: 2007-01-08 10:58

地獄少女 二籠 第13話
Excerpt: 何気ないその僅かな行動、 明日には忘れてしまっているであろう些細な行動にさえ、 誰かの怨みを買っている可能性は十二分にある・・・。
Weblog: LUNE BLOG
Tracked: 2007-01-08 10:58

地獄少女 二篭  第13話 Vの惨劇
Excerpt: あいちゃんの ソーセージの食べ方エロッ!
Weblog: えこぺんあいす
Tracked: 2007-01-08 15:09

地獄少女 二籠 13話
Excerpt: 13話「Vの惨劇」 人を呪わば穴二つ。地獄通信に依頼した人は、死後は自身も地獄に送られる。今回の依頼者も同じく、死後は地獄が待っている。しかし今回はそれだけでなく、この世で犯した罪の代償も待って..
Weblog: picorock
Tracked: 2007-01-08 18:09

地獄少女 二籠 第13話 「Vの惨劇」
Excerpt: 今回、あいがウィンナー食うシーンに最も力を入れたんじゃないかと思えるのは気のせいか…。
Weblog: ブログ 壁
Tracked: 2007-01-08 23:21

地獄少女 二籠 野次馬への復讐は必然(・・?
Excerpt: 今までのお話はこんな感じ… 一話地獄少女 二籠 閻魔あいちゃん帰って来た(〃∀〃)ポッ 二話地獄少女 二籠 人間のクズは死んでいいですね(-_-#) 三話地獄少女 二籠 三者三様…(ノ ̄□ ̄..
Weblog: zenの日記
Tracked: 2007-01-09 00:52

地獄少女・二籠 第13話「Vの惨劇」
Excerpt: 脚本:川崎ヒロユキ 絵コンテ:藤原良二 演出:孫承希 作画監督:石川洋一 総作画監督:岡真里子 「早馬・継馬・竈馬、馬には色々あるけれど、許しちゃいけない馬が居る、野次馬だよ、お前さんみたいな」..
Weblog: AGAS??アーガス??
Tracked: 2007-01-10 00:27

【地獄少女二籠】怨之拾参 「Vの惨劇」
Excerpt: 今週の『地獄少女 二籠』第十三話。
Weblog: 彩賀の徒然なるままに…
Tracked: 2007-01-10 07:20

地獄少女 13話「Vの惨劇」
Excerpt: うあ…悲惨
Weblog: こころに いつも しばいぬ
Tracked: 2007-01-12 23:02

(アニメ感想) 地獄少女 第13話 「Vの惨劇」
Excerpt: 地獄少女 二籠 箱ノ一 ある街で起こった謎の連続殺人事件。不思議な事に被害者の片手にはVサインが握られていたのでした・・・。
Weblog: ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人
Tracked: 2007-01-14 01:50

アニメ地獄少女二籠(ふたこもり)第十\三話「Vの惨劇」
Excerpt: 新年1回目に見たアニメ地獄少女は、結構\ヘヴィな内容でした。 冒頭が、ミステリーの無差別殺人事件のミッシングリングを探せ的でした。 Vといえば、元ネタはエラリー・クイーンのx,y,zのあれで良いの..
Weblog: kasumidokiの日記
Tracked: 2007-01-16 22:06
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。