2006年12月27日

地獄少女二籠第12話

snapshot148.jpg


二籠第12話。暗い結末の多い地獄少女ですが、今回のお話は久々に望みの持てる終わり方でしたね。「家」とはただの住処ではない、楽しいことや苦しいことを過ごしてきたいわば生きた証がそこにはある。おじいさんの気持ちよくわかります。いくらお金を積まれても譲ることの出来ない物事は誰にだってあるはず(そうじゃない人もいるかもしれないが)。生まれ育ったこの家で終焉を迎えたい。そんなおじいさんの純粋な願いが一つの悲劇を生んでしまったわけですが・・・。第12話「黒の轍」の感想です。


最近動き回っているきくりちゃん。今回はあいのお家でいたずらをしようとします。ていうか糸車止められるとなんかヤバイことでもあるのか?えらいおばあちゃん焦ってましたねえ。今回の依頼者はトラック運転手をやっている伊藤道郎。いつものセオリー通り藁人形トリオは調査に入ります。輪入道は強引なヒッチハイクで伊藤の接触に成功します。トラックは夜の山道をひたすらに走り続ける。そんな中輪入道は何故か浮かない表情、どうやら輪入道は過去にこの土地で因縁があったらしく否応なしに過去を思い出してしまうのでした。


それは戦場での遠い記憶、どこかからか逃げ延びようとしてる一台の馬車。輪入道はどうやらあいのような元人間というわけではないようですね。物に何らかの思念が宿り変化したというところなのかな?トラックを走らせながら伊藤は突然今走っている道路の話をし出します。今のこの道路は整備が進められているのだが、道路建設予定地に立ち退きに応じず居座り続けている老人がいるとのこと。そしてそのせいで老人の家の前は新しい道路と旧道が交わる事故多発スポットになっていると伊藤は話します。輪入道にとってもそこはかつての終焉の地、なにやら因縁めいたものを感じずにはいられませんでした。


伊藤は続けます。自分善がりな一人の人間の考えで他のたくさんの人々が危険にさらされる、そんなことが許されるのだろうかと。しかもその住んでいる老人は金目当てでごねているらしく、伊藤は苛立ちを隠せない様子。そしてその頃骨女は当事者である老人亀岡にコンタクトを取っていました。しかし伊藤が言うような強欲な感じは見受けられず・・・。


伊藤は輪入道に地獄通信にアクセスしたことを打ち明けます。しかし名前を書き込んだものの、噂の地獄少女は現れません。老人が立ち退かなかったゆえに弟は事故で死んだ。地獄少女がダメなら自分の手で・・・と伊藤は覚悟を決めてここにやって来ていたのでした。


骨女は亀岡から立ち退かない理由を聞いていました。自分が住むべき家は今も昔もこの家だけ。いまさらこの年になって新しい土地に移動してやっていけるはずもない。お金で住むところは手に入れても居場所は買えませんからね、身寄りの無い老人にただ出て行けというのはいささか酷いかなと思いますけど。


伊藤の強い意志を感じ、いよいよあいが伊藤の前に現れ藁人形を手渡すのでした。しかし伊藤が糸を引こうとしたその瞬間、たった今契約は無効になったと一目連が言ってきます。ターゲットはたった今亡くなったと言われた伊藤ですが、振り上げた拳をそのままには出来ず、まだ生きていると老人の家に向かって暴走を始めます。暴走で崖に転落しそうになったところを輪入道馬鹿力(笑)に助けられ、ようやく我に返るのでした。


安らかな顔で永遠の眠りにつく亀岡。骨女は亀岡からの伊藤宛ての手紙を手渡します。そして主の死の後を追うように家もまた崩れ去ります。手紙の内容は自分が死んだ後土地や家の権利を事故で亡くなった高校生の兄に譲るというもの。ひょっとしたらそれは家族を奪われた伊藤に対する亀岡のせめてのもの贖罪だったのかもしれません。伊藤は今までの認識が誤解であったことに初めて気づきます。主の後を追った家を見てあいは輪入道に自分も後を追いたかった?と聞かれますが、そんなことしたらお嬢に逢えなかったじゃないかと笑うのでした。


今回の輪入道ちょっとかっこよかったですね。そして少し垣間見えた輪入道の過去。前作で骨女がお嬢に拾われていなかったら今も地獄の業火に焼かれていたという言葉もあったように、藁人形の三人もあい同様辛い過去を送っていたことが窺えます。これで今年の地獄少女は終了、次回「Vの惨劇」は来年ですね。次回も期待しましょう。


posted by へっぽこ二等兵 at 23:45| Comment(0) | TrackBack(27) | 地獄少女二籠 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

地獄少女 二籠 第12話 「黒の轍」
Excerpt: ノー地獄送り〜♪ やべぇ… 軽く感動しちゃったじゃないか! 『今回はどっちも悪人って感じしないから後味悪くなりそうだなぁ…』と思っていたら! なんと“地獄送り”がなかったんですのよ、奥さん!
Weblog: ブログ 壁
Tracked: 2006-12-28 00:09

地獄少女 二籠 第十二話 「黒い轍」
Excerpt:  旧道と並行して走る新道があった。  新道が完成すれば旧道はなくなる予定だった。  しかし新道が通る予定地にある旧家の老人は、  頑なに立ち退きを拒んだ。  だから二本の道が旧家を避けるよ..
Weblog: 月の静寂、星の歌
Tracked: 2006-12-28 00:09

地獄少女 ニ籠・第12話
Excerpt: 「黒の轍」 トラックを駈る若者。その前に現れた輪入道は、ヒッチハイクと称してその
Weblog: たこの感想文
Tracked: 2006-12-28 00:10

地獄少女 二籠 第12話「黒の轍」
Excerpt: 「輪っかがついてるものが好き」と語る伊藤道郎と意気投合し、昔の思い出を回想する輪入道。 ついに彼の過去が明らかになりましたね。 輪入道の正体はどこかのお姫様の馬車の車輪だったのかぁ。 ..
Weblog: おもちやさん
Tracked: 2006-12-28 00:12

なんでもかんでも社会のせいにしちまえばすむ!
Excerpt: >>地獄少女 二籠 第十二話 「黒の轍」 今日のテーマ:流れゆく存在の証、または刹那の主張。
Weblog: Je pense, donc je suis.
Tracked: 2006-12-28 00:13

地獄少女 二籠 12話「黒の轍」
Excerpt: 輪入道はヒッチハイクで、今回の依頼者となる伊藤道郎(CV:稲田徹)のトラックに乗りこんだ。 どうやら道郎は、車好きが高じて、トラック運転手になったっぽいね。 このあたりは新道が出来つつあるが、..
Weblog: * Happy Music *
Tracked: 2006-12-28 00:14

地獄少女 二籠12話「黒の轍」
Excerpt: 「いっしょに来る…?」
Weblog: ライトニングソルジャー
Tracked: 2006-12-28 00:16

地獄少女 二籠 #12黒の轍
Excerpt: 『天保異聞 妖奇士』の第13話「地獄極楽風聞書」に登場の日本画家・河鍋暁斎(狂斎とも書く)は『地獄少女』のOPで毎度使用されている風物画の作者だよねぇ。かなりカッコよく描かれてる(笑)。 初めは輪入..
Weblog: うつわの器
Tracked: 2006-12-28 00:27

地獄少女 二籠 12話
Excerpt: 今回の地獄少女 二籠は、輪入道の過去とだぶらせた話。ターゲットは地獄に流される前に死亡の為に契約が無効になるという新しいパターンでした。依頼者を稲田徹さん、ターゲットを西村知道さんが演じました。
Weblog: ホビーに萌える魂
Tracked: 2006-12-28 00:27

地獄少女・二籠 第12話「黒の轍」
Excerpt: 脚本:西園悟 絵コンテ:名村英敏 演出:神保昌登 作画監督:南伸一郎・金順淵 総作画監督:岡真里子 依頼者の伊藤「道」郎とか、ターゲットの亀岡「一人」とか、名前が適当すぎる。w 予告で「恨..
Weblog: AGAS〜アーガス〜
Tracked: 2006-12-28 00:46

地獄少女 二籠 第十二話
Excerpt:  輪入道がヒッチハイクしたトラックの運転手・道郎。彼の弟は今走っている道の先で事
Weblog: ぶろーくん・こんぱす
Tracked: 2006-12-28 01:01

地獄少女 二籠 第12話 黒の轍
Excerpt: 珍しくみんな依頼者に協力的でなぁ。 輪入道の昔話と数百年前から危険な道と爺さんのお話。 輪入道は昔からずっと車輪だったのね。 それが燃えて天に召されたから今も燃え続けちゃっていると。 たか..
Weblog: なななな駄文
Tracked: 2006-12-28 01:15

地獄少女 二籠 第12話「黒の轍」
Excerpt: 第12話「黒の轍」 その道は、数百年前にも通った道――。 輪入道の過去が語れる一筋の道に関する物語。 …って、爺ちゃん、人間じゃなかったのか?(^^; トラック運転手・伊藤道郎は、日の..
Weblog: SERA@らくblog
Tracked: 2006-12-28 01:40

【地獄少女二籠】怨之拾弐 「黒の轍」
Excerpt: 今週の『地獄少女 二籠』第十二話。
Weblog: 彩賀の徒然なるままに…
Tracked: 2006-12-28 07:42

地獄少女 二籠 第12話
Excerpt: 「黒の轍」 輪入道の過去が明らかに!! 今回は、老人が立ち退きを拒否したために弟を事故で失ったトラックの運転手・道郎が、立退き料を吊り上げるために立ち退きを拒否しているという強欲ジジイに復..
Weblog: ラブアニメ。
Tracked: 2006-12-28 07:51

地獄少女 二籠 第12話「黒の轍」:火の矢は恐ろしい
Excerpt: 輪入道の過去が少しだけ明らかに。 「姫」との関係が気になるところだな。 何時間も歩いて亀岡宅まで来たという骨女。 「足が骨になりそう」と言えば面白かったのに。 一旦降りたのに急に助手席..
Weblog: 知識欲が旺盛で怠惰な大学生のブログ
Tracked: 2006-12-28 13:46

アニメ地獄少女二籠(ふたこもり)第十\二話「黒の轍」
Excerpt: ごめん、もう1回、ちゃんとしたの書きます、感想。
Weblog: kasumidokiの日記
Tracked: 2006-12-28 14:22

地獄少女 二籠 第12話
Excerpt: 『黒の轍』 おれぁ、輪入道だ・・・   「へいっ! ベイィベ♪ おしりフゥ〜リ、フゥ〜リ、ベイィベ♪」 「満足するまで〜♪ やろうぜぇえっ♪」 ああ・・・随分と、ハイカラな歌じゃねぇか。 ..
Weblog: ACGギリギリ雑記
Tracked: 2006-12-28 15:03

地獄少女 二籠 第12話
Excerpt: 遺されたもの。
Weblog: LUNE BLOG
Tracked: 2006-12-28 17:45

地獄少女 二籠 第12話「黒の轍」 (感想)
Excerpt: ■あらすじのようなもの  HEY!!ベイベー!!お尻FU・RI・FU・RIベイベー!! 満足するまで〜やろうぜぇー♪  …トラックの運ちゃんなら八代○紀聞けよ。  というわけ..
Weblog: アニメのせまくてあさい森
Tracked: 2006-12-28 20:33

地獄少女 二籠 12話レビュー
Excerpt: メンバーの過去話シリーズ。事件自体は、結局糸をとかなかったわけだから、本当にそこに注力していたってことになります。なんせ元が車って設定ですから、回想するにも手間がかかるわけで、頑張った分良い感じに仕上..
Weblog: Kazu'Sの戯言Blog(新館)
Tracked: 2006-12-28 21:36

地獄少女 12話
Excerpt: 12話「黒の轍」 今回は輪入道の過去に触れた話でした。哀しい過去だったな・・・。でもトラックを止める輪入道かっこよかった!惚れました。 夜の山道を走るトラックの前に輪入道が現れ、ヒッチハイ..
Weblog: picorock
Tracked: 2006-12-28 21:38

主と供に
Excerpt: 第拾二話「黒の轍」     誰だって思い出と最後まで供に生きたい 道路の整備の為老人に言い渡された立ち退き命令  その結果見通しの悪い道路ができました 安全な速度で走りさえすれば大抵の道路では事..
Weblog: 睡魔と戦うのって大変だ
Tracked: 2006-12-28 23:22

地獄少女 二籠 12話 「黒い轍」 
Excerpt: 「……主の後を追いたかった?」 「そんなことしたら、お嬢と出会えなかっただろ」(ニカッ ………。゚(゚*´Д⊂グスン  今回はお爺ちゃん世代が泣かせてくれました!早朝から泣く..
Weblog: 欲望の赴くままに…。
Tracked: 2006-12-29 00:46

地獄少女 二籠 第12話感想
Excerpt: 「今回は、輪入道萌えな話だったわ!?」 「あれぇ!?  今回、地獄流し無しだー!!」 「地獄少女シリーズ通して、初の展開ですね」 「また、救いようの無い、後味の悪い話になる..
Weblog: 少年カルコグラフィー
Tracked: 2006-12-30 09:58

地獄少女 二籠 12話「黒い轍」
Excerpt: 今回は、輪入道スペシャルも兼ねていた。
Weblog: こころに いつも しばいぬ
Tracked: 2006-12-31 01:13

(アニメ感想) 地獄少女 二籠 第12話 「黒の轍」
Excerpt: 地獄少女 二籠 箱ノ一 夜の山道を走り続ける一台のトラック。トラックの運転手・道朗は、途中ヒッチハイクをしていた老人を拾う。老人は、かつてこの地に住んでいたことがあると、道朗に話し始めるのでした..
Weblog: ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人
Tracked: 2007-01-08 01:52
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。