2006年12月17日

銀魂第35話

snapshot142.jpg


銀魂第35話。今回は30分アニメを強引に二本立てでした。延長戦を一本やるわけじゃなかったのね。でもこういう試み嫌いじゃないですけど。延長戦もさることながら個人的には後半のお話が面白かったですねーやはり真選組絡みのエピソードはイイ。松平のとっつぁん・近藤局長最高です。では第35話「恋にマニュアルなんていらない延長戦・外見だけで人を判断しちゃダメ」の感想です。


前回いきなり大人の階段を登るチャンスが到来した新八。決意を胸にエロメスの元に向かった新八でしたが、エロメスの姿はそこにはありませんでした。そして残された一枚のカード。実は痴漢だと思われていた松平のとっつぁんも被害者、エロメスにまんまとはめられていたのでした。部屋を抜け出し、その場を立ち去ろうとするエロメスを銀時は追いかけます。土方と総悟の掛け合いはいつものことですが、自分のやったことを土方の乱心にしちゃおうとするのにはウケたなあ。


エロメスは心泥棒を気取るただの愉快犯でした。自分の容姿がいいことに男を誘惑し、メロメロになる男を見て優越感に浸る・・・現実にも時々いますよね、こんな外道。騙されるほうが悪いのよと言わんばかりにあざ笑うエロメスに銀時達も怒りが頂点に達します。そんな彼女を何故か新八は庇います。彼女に感謝の言葉を告げ、手をさしのべる・・・はずはなく、新八は傷心の一撃をエロメスに見舞うのでした。態度がいきなり豹変するのはやはり血なんでしょうかね。一瞬お妙姐さんがダブった(笑)。失恋を乗り越え、見た目に騙されてはいけないことを学んだ新八。と思ったらお通のネコミミ姿にやっぱり惑わされているのでした。こういうバカな生き物ですからねえ、男ってのは。性ってやつです。


二本目は真選組のエピソード。松平のとっつぁんの愛娘に彼氏が出来、とっつぁんは娘を守るため(?)、彼氏の暗殺を画策します。暗殺はやりすぎにしても彼氏を認めたくないのはどのお父さんにもあるでしょうね。しかも相手がチャラ男ならなおさらに。本当は止めるべき近藤局長もとっつぁんに同調し、総悟も面白そうといって暗殺計画に加わる始末なのでした。


娘のデート現場に潜入し、狙撃のチャンスを窺う三人。こんな人が江戸の治安を取り仕切る人たち(しかもとっつぁんは幕府の重鎮)なのか・・・長谷川さんみたく何でクビにならないんだろうか。土方だけは冷静なようで、このままでは上司と部下が犯罪者になってしまうと娘を幻滅させる作戦を提案します。


Sの王子総悟に脅しをかけさせ、彼氏に脱糞を強要します。彼氏は脅しに屈し、ジェットコースターに乗ってる間に見事脱糞(ちなみに近藤さんも)。作戦は成功するかと思いきや、娘栗子の意外な懐の深さに失敗してしまいます。でも自分も漏らしたっていうフォローもどうかなと思うけど。


そして観覧車に乗ろうとする二人にとっつぁん達はついに強行手段に出るのでした。しかしこれだけの恥を見せられても引かない栗子の姿に本物の愛を見た土方は二人のために立ち上がります。土方は愛の戦士「マヨラ13」に扮し、マヨネーズキャノンを発射、恋路の邪魔者を粉砕したのでした。しかし必死で守ったその愛もあっさり心変わり、土方の不信をさらに深める結果に。まあこんなもんでしょう。でも土方のあのマヨネーズに対する異常な愛は十分ドン引きされると思いますけどね(笑)。次回は宗教絡みのエピソード。次回も期待ですね。


posted by へっぽこ二等兵 at 23:27| Comment(0) | TrackBack(1) | 銀魂 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

アニメ銀魂第35話「恋にマニュアルなんていらない延長戦」
Excerpt: アニメ銀魂感想、追いついたよ!!!!!!!!!!!!!!!!!!!! 発言者:<img src=\"{_img_}m-kon01.gif\">→宵里、<img src=\"{_img_}m-oki02.gif\">→春女です。
Weblog: kasumidokiの日記
Tracked: 2006-12-21 05:59
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。