2006年10月18日

NHKにようこそ!第15話

snapshot105.jpg


岬ちゃんや山崎のおかげもあって無事生還に成功した佐藤君ですが、新たに生命の危機がやって来るのでした。オンラインゲームねえ・・・自分はやったことないですけど気になりはするんですよね。ゲームマネートレードで一攫千金を夢見てオンラインの世界に足を踏み入れた佐藤君ですが・・・。第15話「ファンタジーへようこそ!」の感想いきます。


夜更けに掛かってきた母親からの電話。電話の内容は「仕送り50%カット」という働けない佐藤にとっては死刑判決にも等しい通達でした。母親にとっても本意ではなく父親がリストラにあい、生活困窮による苦渋の決断とのこと。しかし仕方ないとわかっていても、生命線を絶たれてはこのままでは生きていくことができません。だからといってひきこもりの佐藤に働くことは難しい。大ピンチの佐藤はオフ会の少年の言葉を思い出します。


ネットゲームで得たお金やアイテムをリアルで取引して稼いでいる人たちがいるといっていたことを思い出し、家で出来るのでひきこもりの自分には最適じゃないかと佐藤は早速行動を開始します。しかしゲームオーバーの連続、その原因はたった一人で攻略しようとしているからでした。ネットゲームの内での資金ってなかなかたまらないようになってるのにそりゃあねえ。山崎の助言を受け、パーティを組もうと努力しますが対人恐怖症の佐藤にはネット内でも声を掛けることが出来ません。しかしプレイヤー・ミアとの出会いが佐藤のネット生活を激変させることになります。


ミアとパーティを組む様になってからゲーム攻略は容易になり、レベルもどんどん上がっていきます。いつしかゲームの世界で充実感を覚えるようになった佐藤はそれと反比例してリアル世界での生活はどんどん荒んでいくのでした。岬ちゃんとのカウンセリングにも来なくなり、心配した岬ちゃんが佐藤君のアパートを訪ねてみるとそこにはすっかり廃人と化した佐藤の哀れな姿がありました。それを見た岬ちゃんが泣きながら一言。

「前より駄目になってる・・・」


ダメダメな展開だなー。三歩進んで二歩下がるどころではなく、こりゃ三歩進んで十歩下がるですな(笑)。外の関わりを避けたいがために家で稼ごうとか考えてる時点でもうダメッす。ゲームのオープニングだけ見たら違うアニメかと思ったよ。こう障害が多いとホントに陰謀かもしれないですね。果たして佐藤は廃人生活から脱出できるのでしょうか。次回に期待です。


posted by へっぽこ二等兵 at 23:52| Comment(0) | TrackBack(0) | N・H・Kにようこそ! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。