2006年08月16日

ひぐらしのなく頃に第19話

snapshot72.jpg


いやー最近更新休み気味で申し訳ないです。ひぐらし最終章やってたもので・・・。原作がとりあえず完結した今、ますますアニメの展開が気にかかるところです。なんか解答編に突入してからは上手い具合に進んでいると思います。今回の詩音も怖かったし、今のところは楽しく見させてもらってる感じですね。第19話「目明し編 其の四 仕返し」 の感想です。


ついに暴走を始める詩音。愛とはここまで残酷に人を狂わすものなのでしょうか。実の祖母を手に掛けておきながら、「死んじゃってるよ」の一言で済まし、加えて死体を怒りに任せて鞭打つ姿はその形相もあわせてまさに「鬼」。人は天使にも悪魔にもなり得るって本当だなあと改めて感じました。元々詩音が直情的な性格であるというのも要因にあるのでしょうが・・・酷い、そして怖い。


あと魅音グラマーすぎ。原作でもキャラの年齢は明確に言及されていませんが、一体いくつなんだと突っ込みたくなりますよ(笑)。詩音にとっては悟史のことが全てに優先し、悟史を貶める者はたとえ双子の魅音でも容赦しないといった感じ。そして詩音の目的のため、あっさり利用される我らが主人公前原圭一。老人達の前で祭具殿に入ったことを示唆したり、彼の不安を煽るような発言も全ては黒幕をおびき寄せるための詩音の策略だったわけです。圭一・・・哀れだ。一番関係ないはずなのに巻き込まれちゃってるし。


そして詩音に残された最後の理性も公由のおじいちゃんがNGワードを発言したことによりほぼ崩れ去ってしまいます。「坊主憎けりゃ袈裟まで憎い」って諺がありますが・・・そんなのってないよ。こういうことは田舎に限らずよくあることですが、こういうのを見ると人間って嫌な生き物だなあと嫌がおうにも感じてしまいます。公由のおじいちゃんを気絶させ、ますます戻れない道を突き進む詩音。・・・誰よりも愛深きゆえに(言ってみたかっただけ)。


惨劇は続く。そして雪野五月祭もまた続く(笑)。綿流し編での惨劇の種明かしな話だけに生々しいですね。でもこれこそ「ひぐらし」の真髄でしょうからちょっとビビりながらも次回に期待したいと思います。


posted by へっぽこ二等兵 at 23:36| Comment(0) | TrackBack(4) | ひぐらしのなく頃に | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

(アニメ感想) ひぐらしのなく頃に 第19話 「目明し編 其ノ四 仕返し」
Excerpt: TVアニメーション「ひぐらしのなく頃に」サウンドトラック 夜目覚めた詩音は、魅音とお魎が富竹と鷹野の死について語っているのを耳にします。盗み聞きをしているのが見つかり魅音に冷たい態度で迫られる詩..
Weblog: ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人
Tracked: 2006-08-17 16:04

ひぐらしのなく頃に 。。。。 第19話 目明し編 其の四 仕返し 。。。。 詩音の背後に迫る 気配 ・・・・ レナが言っていたオヤシロ様? ・・・・ でもねぇ、中途半端な 表現は 余計につまないんですけどねぇ。
Excerpt: そして、みんな 消されていくのであった。。。。 つまり、詩音の憎悪が ここにきて 爆発して 鬼と化した。。。。それだけの事ですか。 魅音と入れ代わって ばっちゃ を殺して(たまたま死んだけど結果オ..
Weblog: 幻影現実 私的工廠 ブログ
Tracked: 2006-08-18 16:04

ひぐらしのなく頃に 第20話 冷たい手 感想
Excerpt: 目明し編・其の五「冷たい手」の感想です。 今回はいつものように「楽しみました」…と気軽に言えない重たい内容でした。
Weblog: 水平思考の果ての果て
Tracked: 2006-08-18 23:22

レビュー・評価:ひぐらしのなく頃に/第19話 「目明し編 其の四 仕返し」
Excerpt: 品質評価 10 / 萌え評価 6 / 燃え評価 4 / ギャグ評価 22 / シリアス評価 46 / お色気評価 11 / 総合評価 23<br>レビュー数 98 件 <br> <br> 『悟史くんの無念はきっと私が晴らすか..
Weblog: ANIMA-LIGHT:アニメ・マンガ・ライトノベルのレビュー検索エンジン
Tracked: 2007-10-05 12:14
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。