2006年06月04日

ケロロ軍曹第112話

snapshot21.jpg


今回は原作でもあったクルルとサブローの出会いのお話。確かに実体化ペンは万能アイテムですよね。でも星はいくらなんでも実体化出来ないんじゃない?侵略済みのペコポンを実体化ペンで書くって・・・何だその全てを無視したウラワザ的方法は(笑)。では第112話「クルル&サブロー 出会いはお絵かきガチンコ勝負であります」の感想です。

クルルの記憶を辿り、クルルがペンを無くしたといっていたサブローとの出会いの時にやってきたケロロ達。先に行かされたドロロは相変わらず無視ですかそうですか(笑)。サブローには何故かアンチバリアが効かず、クルルはその存在を見破られてしまいます。アニメではどうか知りませんが、原作では好奇心の強い人には効かないってことになってますから、たぶんその原作設定を流用したのかな?


繰り広げられるクルルとサブローの戦い。その中で、ケロロはこの出来事が第2話と同じ時間軸であることに気づきます。いつもと違い、かなりオーバーアクションなクルル。しかしペンの力があるとはいえ、サブローもまたそれに引けをとりません。引き分けと思われましたが、そこはやっぱりクルル曹長、不意打ち攻撃で形勢はサブローが不利になります。人食い植物を呼び出し、サブローを食べさせようとしますが、裏切られてしまいクルルもピンチに。そこに謎の屁臭が漂い始め、植物は苦しみだします。ギロロも苦しみ悶える中、何故かタママは平気。それもそのはず、その謎の屁臭の発生源はこの時間軸のタママ自身だったからです。あー確かに自分が出した臭いって何故か平気だよね(笑)。それによって拘束が緩んだ隙に脱出したサブローはペンで火炎放射器(何だそのラベルなかったらわからないデザインは)を出し、植物を焼却して危機を脱します。そしてクルルとサブローとの間には奇妙な友情が芽生えるのでした。


で、ペンの行方はというとあの時タママインパクトの巻き添えとなって消えていたのでした。ケロロの野望は敢え無く頓挫。実体化ペンはクルルの発明の中では最高傑作の一つだと思うのですが、それをサブローにあげたのは彼なりの友情の証なのかもしれませんね。サブローが最後に気になるセリフを言ってましたが・・・ちょっと共鳴見たかったかも(笑)。


次回は夏美最大の天敵ナメクジヒーローの登場、アニメ三年目にもなると原作ベースの話は貴重な存在ですね。次回も期待しましょう!





posted by へっぽこ二等兵 at 05:03| Comment(0) | TrackBack(17) | ケロロ軍曹 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

ある学校史上、最も密度ある1日 〜アニメ「ケロロ軍曹」 第112話「クルル&サブロー 出会いはお絵かきガチンコ勝負! であります」
Excerpt: ・実体化ペンを使って地球侵略を企むケロロ。 ・しかし実体化ペンはサブローの物だけしか残っておらず、クルルが持ってた残りの1本は行方不明。 ・という訳で、クルルの記憶に入って??
Weblog: iRRESPONSiBLE GENERATiON
Tracked: 2006-06-04 15:07

ケロロ軍曹112話
Excerpt: 今回はサブローが持っている実体化ペンを使い侵略済みのペコポン(地球)を描けばあっという間に侵略完了という軍曹さんのナイスアイデアから物語が始まります。
Weblog: PEN:PENの雲外蒼天
Tracked: 2006-06-04 15:40

ケロロ軍曹 (#112)
Excerpt:    OPが流れた直後に話が始まったので一瞬デッキの故障かと想った。(笑) 「クルル&サブロー 出会いはお絵かきガチンコ勝負 であります」  今回は、クルルとサブローの出逢いエピソード話..
Weblog: Hes:TEAR
Tracked: 2006-06-04 16:03

ケロロ軍曹 。。。。 「クルル&サブロー 出会いはお絵かきガチンコ勝負 であります」。。。。お゛お、久々の1本ブッ通しだね〜
Excerpt: ご承知とは思いますが、livedoorブログの故障により、感想のアップが 遅れました。 散歩日和ですかぁ 。。。。 雨が ザーザー降ってるのにさぁ、って、カエルには嬉しい雨なんね(笑..
Weblog: 幻影現実 私的工廠 ブログ
Tracked: 2006-06-04 16:16

ケロロ軍曹「クルル&サブロー会いはお絵かきガチンコ勝負!であります」
Excerpt:  326の実体化ペンが在れば、ペコポン侵略など簡単だと思いついたケロロ。でも、3
Weblog: ぶろーくん・こんぱす
Tracked: 2006-06-04 16:52

ケロロ軍曹 第112話 オレ様で30分たあ粋なことするじゃねえかよう、く〜っくっく
Excerpt:    「クルル&サブロー 出会いはお絵かきガチンコ勝負! であります」   マンガの原作のほうでは「ちょっとしたエピソード」扱いだったんで、少し不安でしたが、「ケ..
Weblog: ◆◆◆ テラニム日記 ◆◆
Tracked: 2006-06-04 17:19

ケロロ軍曹第112話「クルル&サブロー 出会いはお絵かきガチンコ勝負!であります」
Excerpt: 今週はクルルとサブローが始めて出会った時のお話をどど〜んと一本。 やっぱり2人とも変わり者なんで、出会いも相当変わってました。 どうやらアニメ2話と繋がってるらしいのです
Weblog: Myカル日記
Tracked: 2006-06-04 17:37

実体化ペンサルベージ作戦
Excerpt: {/kaeru_night/}あなたの目はあなたの体を離れて、 この不思議な時間の中に、入ってゆくのです・・ それはクルルの過去の記憶の中・・ 『ケロロ軍曹』 第112話 【クルル&サブロー 出..
Weblog: マイ・シークレット・ガーデン
Tracked: 2006-06-04 19:33

ケロロ軍曹「クルル& サブロー 出会いは…
Excerpt: 「クルル&サブロー」のところを石田彰さんと子安武人さんがハモった時に胸がきゅんと、なりました。(笑)
Weblog: 徒然なるままに日くらしパソコンor携帯に向かいて・・・・
Tracked: 2006-06-04 20:28

ケロロ軍曹 第112話(6.2放送)
Excerpt: 今回はどどーんと1本! 「クルル&サブロー 出会いはお絵かきガチンコ勝負!であります」 いわゆる「セカンドシーズン3部作」以来、私の中でクルルの株が上がりっぱなしなので、 とっても楽しめました{/he..
Weblog: まりねこの足あと
Tracked: 2006-06-04 20:58

描いたものが本物になるペン
Excerpt:  『ケロロ軍曹』第112話。今回は「クルル&サブロー 出会いはお絵かきガチンコ勝負! であります」ということで、久しぶりの“ドドーンと一本”。  テレビ東京の公式ページ  サンライズの公式ページ  ..
Weblog: 銀河後悔日誌
Tracked: 2006-06-04 22:24

「ケロロ軍曹」第112話
Excerpt: 今週はクルルとサブローが初めて出会った日のお話、「クルル&サブロー 出会いはお絵かきガチンコ勝負!であります」。 クルルがまるで別人(宇宙人か)!
Weblog: 夜の散歩
Tracked: 2006-06-04 23:15

ケロロ軍曹 第112話
Excerpt: 今回はクルルとサブローの出会いのお話。 久々の1本立てでしたが、面白かったです。 クルルの記憶の中に行くのは皆断固拒否のようで。 独り行かされるドロロが哀れでしたが、結局最後までどんなおぞま..
Weblog: パズライズ日記
Tracked: 2006-06-04 23:53

(アニメ感想) ケロロ軍曹 第112話 「クルル&サブロー 出会いはお絵描きガチンコ勝負! であります」
Excerpt: 「ケロロ軍曹」宇宙でもっともギリギリなCD 全巻ストラップ付きであります! 第5巻 [初回限定盤]/アニメ 実は私が一番知りたかった、サブローとクルルの過去。あのひねくれもののクルルにどのよ..
Weblog: ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人
Tracked: 2006-06-05 04:07

ケロロ軍曹 第112話
Excerpt: 「クルル&サブロー 出会いはお絵かきガチンコ勝負!であります」 今週は最高でした
Weblog: Brilliant Corners
Tracked: 2006-06-05 11:22

アニケロ感想 112話 6/2 クルル
Excerpt: どうもこんにちは、親が「いぬかみっ!」を録画しててかなりビビッためろーぺです。 内容をよく知らずに録画したことを祈ります…。 すいませんレビ
Weblog: Yellowブログ
Tracked: 2006-06-09 09:02

ケロロ軍曹 第112話
Excerpt: 地球侵略に実体化ペンを使うことを思いついたケロロだが、実体化ペンは登録された持ち主サブローにしか使えない。材料が手に入らずもう作ることも出来ない貴重な代物だが実はペンはもう1本存在していた・・・ 今..
Weblog: 今日もコレクト!
Tracked: 2006-06-09 15:18
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。