2006年05月27日

スクラン第8話

snapshot16.jpg


新キャラ俵屋さつき登場の回。アバンでわざわざ原作者が書き下ろし漫画を書く手の凝り様。・・・なんだこの一昔前のスポ根漫画は(笑)。この漫画を見て天満はバスケに憧れるのですが・・・。では第8話「はっちゃけ☆女子バスケ部誕生!/はっちゃけ☆よろしく先輩/はっちゃけ☆涙のブランコ…」の感想です。


女子バスケ部創設のため、妙先生に顧問の要請をするさつき。妙先生の口利きで男子バスケ部の麻生をアドバイザーとして紹介してもらえることに。中学の頃バスケ部だった嵯峨野を筆頭に次々と女子バスケ部候補をスカウトしていきます。それで集まった美琴、一条、ララ(そして天満も)の精鋭達、女子バスケ部として練習を開始するのでした。


妙先生素人なのになんか無理していいこと言おうとしてますね。エースストライカーはサッカーだしなぁ。天満と同じレベルなのもヤバイですね・・・ホントに先生か!?相変わらずララは面白い。ゴリのニックネームはピッタリですし。


天満は当然戦力外、のけものにされてしまいますが姉の活躍を信じる八雲に本当の事を言うことが出来ません。公園のブランコで暇をつぶす日々、なんかリストラされたサラリーマンみたいだ。そこに手を差し伸べる同じくのけものにされたテキサスの暴牛(笑)こと東郷をはじめとするアウトローの三人。天満も加わり、女子バスケ部とは違うところで勝手に盛り上がる四人なのでした。


ぶっちゃけこのバスケ編あんまり好きではないんですよね・・・。東郷やララ、そして天満は面白いと思うのですが、アソ×ミコのフラグがまたたってしまうからですね・・・(そっちかよ)。花井には頑張ってほしいなぁ。次回も期待しましょう。
posted by へっぽこ二等兵 at 15:19| Comment(0) | TrackBack(0) | スクールランブル二学期 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。