2006年04月12日

地獄少女最終話

jigoku1.JPG


地獄少女も最終話・・・と思いきやどうやら第二期の放送が決定したようで。最終話を見てて終わり方が不完全で、あいは救われたのかどうなのかはっきりしなかったのですが予告を見て納得しました。では最終話「かりぬい」の感想です。


前々回、権限逸脱の行為によって地獄送りになってしまったあい。いつもあいの家にいた蜘蛛はあいが地獄少女としての職務を全うしているか監視するために遣わされた存在のようです。蜘蛛は禁を犯したあいを厳しく責め、地獄でその罪を償うよう宣告します。しかし未だ憎しみに囚われているあいは蜘蛛の制止を振り切り現世へと戻ります。


あいはハジメを何処かに連れ去り、つぐみとコンタクトを取ります。自分の母親に対してハジメの犯した罪をつぐみに見せることでつぐみの心を揺さぶりをかけるあい。つぐみのハジメに対する憎しみを掻き立てるようにあいは囁き掛けます。恨みを晴らしたいのなら糸を解けばいい、といつも通り藁人形を手渡そうとしますがつぐみは拒絶します。しかし元の世界に戻ったつぐみの手には藁人形が握られていました。


一方ハジメはあいの家で囚われの身となっていました。そこで一目連たちからあいが地獄少女になった経緯を知らされます。あいが地獄少女となったのは村の人々を復讐で焼き殺した罪を償うため課せられた罰であるとのこと。ということはあの家を燃やした力は死して地獄少女となってから得たものではなく、あいが元々持っていた力だったということでしょうか。地獄少女となったあいは四百年の長きにわたり人の恨みを代行してきました。ハジメたち仙太郎の血縁者と出会ってしまったことで自分の奥底に封印していた復讐心が蘇ってしまったというわけです。あいに大恩があり、心から心配している一目連たちもあいの現状に心を痛めていました。そこにあい以外とは話さなかったあいの祖母がハジメにここから出す代わりに頼みごとがあると語りかけます。


つぐみは家でいきなり知らされた母の死の真相にどうしたらいいのか困惑していました。あいはさらにあの手この手でつぐみの復讐心を煽り、どうにかして糸を引かせようとします。これはずるいよな〜決めるのはあなたと言っておきながらつぐみにそれを仕向けようとしている。柴田親子を地獄に落とすことがあいの目的なのでしょうが・・・もう完全に私情に駆られてますよね。あいは亡くなったあゆみの幻惑を見せ、つぐみを精神的に追い込んでいきます。最初は否定していましたつぐみでしたが、言葉巧みにつぐみの共感者を装いつぐみの心を支配していくあい。


そこにハジメが登場、骨女達ももうやめてとあいに訴えかけます。

「・・・だまれ」

あいは聞く耳を持たず、骨女達を力を使い吹き飛ばします。ハジメはつぐみを連れて逃げようとしますが、あいによって憎しみを掻き立てられたつぐみはハジメを拒絶します。あいの力であゆみの事故が起こった当時の現場に飛ばされるハジメ達。

「可哀想なお母さん・・・全部あの人のせいで。あなたが裁くのよ」

あいが最後の一押し。ここでハジメがかつてと同じ台詞を言ったならつぐみは糸を引いたでしょう、しかし・・・。

「俺が・・・死ねばよかったんだ」

その場で泣き崩れるハジメ。愛していた・・・ゆえに許せなかった。自分よがりの憎しみがあゆみを殺した。あゆみの寂しさに気づいてやれなかったことを悔やむハジメ、自分にも非はあったはずなのに。ハジメはつぐみに謝罪します。しかし起こってしまった事はもう取り返しがつかない、とあい。ハジメは覚悟を決め、つぐみに裁かれることを望みます。つぐみにとってハジメは自分を育ててくれたかけがえのない人、母がいなくてもハジメと過ごした日々は楽しいものでした。それはハジメがつぐみのことを大切に想ってくれていたからにほかなりません。初めてハジメを「お父さん」と呼び、恨みを捨ててハジメと生きてゆく道を選んだつぐみ。


そんな柴田親子の姿を見てあいの心は揺らぎます。あいの中に蘇る仙太郎への思慕の念。桜の大木を見上げながらあいは涙します。大量の花びらが舞い散る中、柴田親子とあいは七童寺に戻ってきます。あいは力を使い寺を破壊します。寺を破壊したのはあい自身が過去を断ち切ろうとする決意の表れなのかもしれません。とんだとばっちりを喰らった寺の住職さんの犠牲はありましたが(と思ったら生きていたようです)。あいはしもべ達を連れてその場を去ります。いろいろありましたが親子の絆を強めたハジメとつぐみは家路に着き、話は終わります。


最後に総評を。面白かったですねぇ。恨みという人間なら誰でも持ち得る負の感情、それをテーマにしたのは良かったと思います。復讐の是非はどちらが正しいかはわかりませんが、過去を捨て去ることは出来ないけど未来を生きていくにはどこかでけじめをつけないといけないとは思うんですよね。人を許すことはなかなか難しいことかもしれませんけど。今の社会でも報復論はありますし、そういう意味でもなかなか考えさせられる作品でした。アニメを見ない人でもこれは見れるんじゃないでしょうか?三月までの作品では一番好きなアニメかもしれません。閻魔あいもまだ救われていませんし、そこらへんも第二期に期待したいですね!!
posted by へっぽこ二等兵 at 23:41| Comment(0) | TrackBack(24) | 地獄少女 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

地獄少女 最終話
Excerpt: 副題「かりぬい」  いつだって、行き止まりで  決して、逃げられない……。  怨みと呪い、  妄執と復讐の果てに何が見えるのか――。
Weblog: 月の静寂、星の歌
Tracked: 2006-04-13 00:30

地獄少女 第26話「かりぬい」(終)
Excerpt: {{{: 地獄へと流されるあい、だがまだ終わってないと現世へ戻る。 一方、神木の前で佇む柴田親子、 仙太郎の気持ちが分かると言った一につぐみはその理由を尋ねようとすると一の姿が無い。 そこ..
Weblog: AGAS〜アーガス〜
Tracked: 2006-04-13 00:31

地獄少女第二十\六回最終話「かりぬい」
Excerpt: 柴田はじめ、つぐみと、地獄少女・閻魔あいの「えにし」も、ここまでです。
Weblog: kasumidokiの日記
Tracked: 2006-04-13 01:06

地獄少女 第26話 かりぬい
Excerpt: [地獄流しの途中で現世に戻った閻魔あいは、つぐみの前に現れる。ハジメがあゆみと別れ、そしてあゆみが死ぬ場面を見せて、つぐみに藁人形を渡すのだった。] 最終回。 もっとも、
Weblog: ルナティック・ムーン
Tracked: 2006-04-13 01:10

死者も我々がまったく忘れてしまうまで、本当に死んだのではない。
Excerpt: >>地獄少女 第二十六話「かりぬい」
Weblog: Je pense, donc je suis.
Tracked: 2006-04-13 01:19

地獄少女 26話「かりぬい」(最終回)
Excerpt: 地獄へ行く船の上で、あの蜘蛛の声を聞くあい。 どうやら蜘蛛の声の正体は、閻魔大王みたい? 禁を破り心を開いてしまった彼女を、地獄へ連れ戻そうと来たわけね。 でも、あいは「??
Weblog: * Happy Music *
Tracked: 2006-04-13 01:28

地獄少女 第26話(終)
Excerpt: サブタイトル「かりぬい」   完全に記憶を戻したアイは、執拗にツグミに迫る。  ハジメはこの状況を打破できるのか?   以下詳細  ***********
Weblog: オヤジもハマる☆現代アニメ
Tracked: 2006-04-13 05:55

地獄少女 第26話
Excerpt: 「かりぬい」 「つづきます」だそうです(悦)!! 地獄少女もついに最終回を迎えてしまいましたが、最後にPCの画面に「つづきます」の文字が浮かんで終わったので、続編を期待で??
Weblog: ラブアニメ。
Tracked: 2006-04-13 07:56

地獄少女 〜かりぬいの果てに〜
Excerpt: 前回仙太郎の過去… そして…閻魔あいちゃんの過去を見た柴田親子… 仙太郎の気持ちがわかると言うハジメちゃんに対し サッパリなつぐみちゃん… 今回いよいよ最終回… 一体どうなってし..
Weblog: zenの日記
Tracked: 2006-04-13 08:47

地獄少女 最終話
Excerpt: この作品で、今期最終回作品は最後。 まさか最後の最後で涙ぐむとは。。
Weblog: LUNE BLOG
Tracked: 2006-04-13 10:23

地獄少女 「かりぬい」 /*最終回*/
Excerpt: 地獄送りの終焉は復讐の終焉とも繋がっている
Weblog: 自由で気ままに 〜L'ala di libert&agravei〜
Tracked: 2006-04-13 20:24

地獄少女 最終話 『かりぬい』
Excerpt: 放送前に2期が決定したことを知って ある程度は丸投げなんだろうなと思ってたらその通りでした。 しかし、最低限の結末は見せてくれたので満足でした。 あいの復讐はつぐみにわら人形の糸をひ..
Weblog: よせあつめ離島
Tracked: 2006-04-13 20:42

地獄少女 最終話 「かりぬい」
Excerpt:  ついに最終回を迎えてしまいました。大半の人の予想を遥かに裏切って(良い意味でv)ラスト3話あたりで怒涛の展開でしたね!  ちょっとだけ本音を言うなら、何だかグダグダで??
Weblog: 欲望の赴くままに…。
Tracked: 2006-04-13 21:07

地獄少女第26話「かりぬい」最終回
Excerpt: 人面蜘蛛は、禁を犯し閉ざすと誓った心の扉を開けてしまったあいに、共に地獄に帰り、
Weblog: country-sideに降る星
Tracked: 2006-04-13 22:50

【地獄少女】最終話(第26話)「かりぬい」
Excerpt: 遂に最終回を迎えた『地獄少女』。果たして地獄少女は400年前の怨念を成就し,再び地獄へいくのか,それとも―。
Weblog: 彩賀の徒然なるままに…
Tracked: 2006-04-13 23:49

最終話サブタイトル「かりぬい」ってちょっと脈絡が無い気が…。
Excerpt: 日曜恒例、地獄少女の感想です。ん、「恒例」って何回目で恒例扱いになるんだろう。ま
Weblog: Le mouvement premier
Tracked: 2006-04-14 00:37

地獄少女第26話(最終話)『かりぬい』感想
Excerpt: とうとう地獄少女も最終回です。 前回、柴田親子に攻撃を加えてしまったあいは地獄送りになった?ようで舟の上に乗ってます。
Weblog: やる気無しブログ
Tracked: 2006-04-14 04:45

地獄少女 第26話「かりぬい」
Excerpt: ついに最終回を迎えた「地獄少女」 半年間、なかなか楽しませていただきました いろんな意味でw とりあえず、あいたんは可愛かったw
Weblog: 〜MUDAI"無題"POWER〜「アニメとか模型とかのブログ」
Tracked: 2006-04-14 20:04

地獄少女 最終話「かりぬい」そして、続編・・
Excerpt: 後半になって、ものすごいスパートをかけてきた「地獄少女」。 今までのお話がお話だけに、もしかしてものすっごいアンハッピーエンドで終わってしまうのでは・・ などと、ちょっと心配&ハラハラしな..
Weblog: おとみさんの日常
Tracked: 2006-04-14 21:47

地獄少女最終話「かりぬい」
Excerpt: 最終話だけ見ると、 あいたんは完全に 悪役だね・・・ な、地獄少女最終話「かりぬい」 まあ、ちょっと、あいたん、やりすぎだろ・・・ヽ(;´Д`)ノ 何の罪..
Weblog: ひびこれ。ー「明智警視」と「太陽の黙示録」に暴走中ー
Tracked: 2006-04-15 00:23

地獄少女 第二十六話「かりぬい」
Excerpt: 柴田親子との因縁が明らかになった地獄少女。 親子をこのまま地獄に流してしまうのか、それとも地獄少女が地獄に流されるのか・・・ ついに最終回です!
Weblog: 今日もコレクト!
Tracked: 2006-04-17 15:17

地獄少女#26「かりぬい」
Excerpt: 復讐を果たすため、クモの制止を振り切って現世に舞い戻ったあい。 クモによれば、あいは元々地獄にいて、地獄少女になるにあたって「心を閉ざす(=個人的な感情に左右されない)」と誓っていたもよう。 ..
Weblog: 今日もお部屋で☆アニメ中心生活
Tracked: 2006-04-23 00:19

地獄少女 26(最終)話
Excerpt: 放送終了してだいぶ経ちますけど(^_^;)地獄少女の最終回を。仙太郎の子孫である柴田家への復讐…依頼者(!?)は何と柴田つぐみ。ターゲットは柴田一。
Weblog: ホビーに萌える魂
Tracked: 2006-04-29 19:36

地獄少女
Excerpt: 日本テレビ「黄金の舌」内「地獄少女」に紗綾が出演。2006.11.05 (日) 01:20〜01:50 (土曜の深夜。念のため。)柴田つぐみ役。「神の左手悪魔の右手」でいうと想に近い気が。地獄通信より..
Weblog: saaya_holic
Tracked: 2006-10-10 18:43
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。