2006年03月16日

その5「ぱにぽに&まろまゆ」

今回は氷川へきる先生の「ぱにぽに」と「まろまゆ」を紹介します。「ぱにぽに」がスクウェアエニックス刊の月刊Gファンタジー連載で、「まろまゆ」がメディアワークス刊の電撃萌王連載です。


ぱにぽに 1 (1)
ぱにぽに 1 (1)氷川 へきる

おすすめ平均
starsおもしろい!!!!
starsう-ん
starsぱにぽに 第1巻
stars好き嫌いが分かれる作品
starsマホ〜

Amazonで詳しく見る
by G-Tools



この前、アニメ「ぱにぽにだっしゅ!」をちょっと記事に書いたのですが、本書はその原作となります。正直アニメ版は原作を「かなり」パワーアップさせているものなので、アニメのほうから見た人は少々パワー不足と感じるかもしれません。かくいう私もアニメから見たのですが、私の場合は逆で原作のほうが好きです(もちろんアニメも面白いですが)。原作のほうがシュールなネタが多いのですが、なんか読んでて癒される感じがします。あずまきよひこ先生の「あずまんが大王」に通づるものがあるような気がします。好きなキャラは都で、ミステリーハンターネタが個人的に大好きなんですよね〜。アニメで何故使わなかったのか不思議でならないくらいです。他のキャラも姫子、一条さん、D組担任のジジイなど主人公のベッキー以上の強烈な個性を持つキャラが存在しています。ただ難点としては登場人物が多いため覚えるのが大変かもしれませんね。


まろまゆ (1)
まろまゆ (1)氷川 へきる

メディアワークス 2005-06-10
売り上げランキング : 566

おすすめ平均 star
starぱにぽにファンなら買って損なし

Amazonで詳しく見る
by G-Tools



「ぱにぽに」のサイドストーリーである「まろまゆ」では地味で知られるくるみが主人公を務めています。しかし萌えキャラを目指すも全く萌えず、しまいには自分が他のキャラに萌えを感じている有様。「ぱにぽに」の地味キャラは主人公になっても変わりません(笑)。「ぱにぽに」のメソウサと同じ不思議生物キャラのネコも面白いですし、「ぱにぽに」と同じ時間列なので互いの話がリンクしているなどなかなかいい感じです。最萌えキャラの疫病神見習いの妙子は店長やくるみでなくても萌えてしまいそう。「ぱにぽに」と一緒に読めば面白さも倍増です。少々クセはありますが、アニメより原作のほうがライトな感じなので、のんびりまったりしたい人は読んでみてはいかがでしょうか?



posted by へっぽこ二等兵 at 04:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 好きな漫画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。