2006年03月08日

地獄少女第22話

今回のお話で何故ハジメが地獄少女を頑なに否定するのかその理由が明らかになりました。人を憎むということがどれだけ無意味で、そして哀しいことであることをハジメは誰よりも知っているのですね。今までは筋は通っていても、どうしても偽善者的に見えてしまっていたのですが、こういう過去の経緯がハジメの行動の動機ということなら納得がいきますね。


買い物に出ていたつぐみはその途中、また閻魔あいとシンクロします。謎の少年を「せんたろう」と呼ぶあいの声、そこで正気に戻るつぐみ。やはりあいはもともと人間で、人間だった頃の記憶をつぐみに見せたのでしょうか・・・。昨日は家に帰らなかったハジメ、朝帰ると喪服とおぼしき服を着たつぐみが待っていました。今回はちゃんと行ってね、とつぐみは言いますがハジメはとぼけた素振りを見せてごまかしているようです。もういい!と怒ってつぐみは家を出て行きます。つぐみが向かった先は母親の実家、どうやら今日は母親の命日のようです。ハジメはつぐみが買った桜の写真集に気づき、手に取ります。そこに載っている風景は20話であいの意識にフラッシュバックしたものとおそらく同じ風景ですよね・・・何か関係がありそうです。あいも最近様子がおかしいようで、おばあちゃんの部屋の障子を指でぷすぷす(笑)していました。骨女たちもその異変を感じ取っているようでした。


つぐみは母親の実家で母親の昔のアルバムを見ていました。成長していく母の写真、ハジメと二人とも幸せそうに写っている写真、そして笑顔で赤ん坊の頃の自分を抱く母の写真。祖父たちの会話から推測するに、つぐみの母親はつぐみが物心つく前に亡くなっているようですね。一方、ハジメはいつもの喫茶店にいました。マスターからつぐみが栗おこわの作り方を聞きに来たと聞かされます。ハジメは昔を思い出します。一目ぼれだった妻あゆみとの出会いと馴れ初め、そして結婚。しかしハジメの職業はマスコミの記者、スクープがあれば何時如何なる時でも飛んでいかなくてはいけない職業です。結婚式当日であってもそれは変わりません。それを起点としてハジメとあゆみとの間には少しづつすれ違いが生じていくのでした。


つぐみは再びあいとシンクロ、今回のターゲットとその居場所がわかります。しかしハジメのやっていることに疑問を感じているつぐみは、ハジメにそのことを伝えるか迷っていました。
言えばハジメは地獄少女の邪魔をする、でももしかしたら地獄少女のやっていることが正しいって気づいてくれるかもしれない。そう思ったつぐみはハジメにそのことを伝えることにします。つぐみから連絡を受けたハジメはすぐにその場所に向かおうとします。


タクシーの車中で、また昔のことを思い出すハジメ。ハジメの仕事上、どうしてもゆっくりと
夫婦の時間が取れない二人。あゆみは一人で夫の帰りを待つことが多くなっていきます。そんな時、あゆみはつぐみを身ごもります。これで少しは私たちのことを見てくれる、淡い期待を持つあゆみ。しかしそれは逆でした。つぐみが出来たことで、はじめは二人のためにますます仕事にのめり込むようになってしまうのです。仕事に没頭したのも全て生まれてくる子どもと愛する妻のため、決してハジメが悪いとはいいきれません。現実でもよくある話ですし。あゆみの両親がそれほどハジメを憎んでいないのはそのためでしょう。スクープを撮るため張り込んでいる最中、ハジメはあゆみの浮気現場を目撃してしまいます。


ハジメが第七セントラルホテルに到着しますが、時すでに遅く糸は引かれてしまいます。引いた男を責めるハジメ、しかしその男の姿を見てあのときの自分と同じであることに気づきます。許せなかった妻の裏切り、あゆみを愛していたからこそハジメにとっては許しがたいことだったのでしょう。「かわいさあまって憎さ百倍」という言葉もあるように、愛する想いが強ければ強いほどそれを否定された時の憎しみは強くなってしまうものです。怒りと憎しみが先行して、冷静な判断が出来なかったハジメはあゆみと離婚します。復縁を懇願するあゆみをハジメは拒絶、つぐみと会うことも禁じます。全てを失ったあゆみはその帰りに事故死してしまいます・・・ひょっとしたらわざとぶつかったのかもしれません。自分のあゆみに対する憎しみがあゆみを追い詰め、殺してしまった・・・ハジメはそう思ったのでしょう。憎しみからは何も生まれず、復讐を果たしたとしても後に残るのはただの虚無感だけ。だからこそハジメは復讐の手助けをしている地獄少女が許せない、というわけですね。


母の墓参りに来たつぐみ。墓前にはあゆみの好きだった栗おこわが供えられていました。おそらく前日にハジメが供えたものでしょう。昨日帰って来なかったのもずっと悔いていたせいかもしれませんね。・・・今回の地獄送りは正直いってどうでもよかったです(笑)。重い話ではありましたが、内容はすごく良かったと思います。次回も期待です。
posted by へっぽこ二等兵 at 05:06| Comment(0) | TrackBack(10) | 地獄少女 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

地獄少女 第22話『悔恨の雨』感想
Excerpt: 今回ははじめちゃんの過去の話です。 お仕置きシーンも気合いが入ってきていい感じ。
Weblog: やる気無しブログ
Tracked: 2006-03-08 20:08

地獄少女第22話「悔恨の雨」
Excerpt: おもしろかった・・・ だけど、 アニメの感想で、 夫婦の愛憎不倫劇を 語れとでも?(゚∀゚)アヒャ! な、地獄少女第22話「悔恨の雨」 ..
Weblog: ひびこれ。ー「ノエインと戦線スパイクヒルズ」に暴走中ー
Tracked: 2006-03-08 20:26

地獄少女 22話「悔恨の雨」
Excerpt: うーん、今回の地獄送りは、無くても良かったような? 一ちゃんの過去話がメインだったし、地獄送り自体もアレだったし(え) あいは和服の少年を、また見てるっぽいね。 センタロ??
Weblog: * Happy Music *
Tracked: 2006-03-09 14:57

地獄少女 第22話「悔恨の雨」
Excerpt: (公式サイト) 一ちゃんの過去話が主の今回。 記者関係の仕事してるとやっぱ家庭は荒んでいくんだなぁ・・・。 今回は依頼人・ターゲットは完全に蛇足。とって付けた感じが否めない。 地獄送り..
Weblog: 布達の橋
Tracked: 2006-03-09 19:13

地獄少女のトリビア15
Excerpt: 美人の表現として「鳥が落ち魚が沈む」というのがあるのですが、これは元来、人間の美醜は禽獣(畜生&ケダモノ)には通じはしないという逆の表現だったのです。 確かに、あいちゃ??
Weblog: Anime in my life 1号店
Tracked: 2006-03-10 03:41

地獄少女 第22話
Excerpt: サブタイトル「悔恨の雨」   辛く空しいハジメの過去が明らかに...   以下詳細  ***********
Weblog: オヤジもハマる☆現代アニメ
Tracked: 2006-03-10 05:53

地獄少女 第22話 「悔恨の雨」
Excerpt: 地獄少女   現時点での評価:3.5   [現世版『スカイハイ』]   キッズステーション 火曜 24:00〜24:30   アニマックス 金曜 18:30〜19:00   毎日放送   土..
Weblog: アニメって本当に面白いですね。
Tracked: 2006-03-10 10:20

地獄少女 ハジメちゃんの過去が…
Excerpt: 滝の上の桜の木を見る… センタロウ (;ΦДΦ)ダ〜レ〜 お墓参りにくるハジメちゃん 家に帰ると口を聞いてくれないつぐみちゃん… つぐみ 「今年はちゃんと行ってね..
Weblog: zenの日記
Tracked: 2006-03-12 04:54

地獄少女 第22話
Excerpt: 副題「悔恨の雨」  こんな思いをするのなら、出会わなければ良かった。  あんな人は いなくなって欲しい。  それは呪いの言霊。  呪いが現実になったとき、人は何を思うのか――。..
Weblog: 月の静寂、星の歌
Tracked: 2006-03-13 00:46

真理への誘い
Excerpt: 怒り、憎みの本質とは、?
Weblog: 本質を見極めろ!
Tracked: 2006-03-21 02:29
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。