2006年02月15日

BLEACH第68・69話

今回のブリーチは1時間スペシャルの二本立てでしたね〜自分は基本的に原作のほうが
めちゃくちゃ好きなんですけどアニメのほうもそこそこいけてると思います。でもナルト
にもいえることなのですが原作に追いついちゃってるのに一時間スペシャルとかバンバン
やってますけど・・・いいのかなーと思ったりしますね。ナルトなんかはもう40話ぐらい
オリジナルストーリーやってますし、ブリーチも続けるために同じ道にいってしまいそう
ですね・・・。とりあえずはどうなるかな〜って感じでしょうか。


ではスペシャルの感想ですが、なるほど改造魂魄三人組は浦原さんの差し金だったのか・・・
よくよく考えてみれば「あの」浦原さんが敵につかまるとは考えにくいですよねー。なんか
一護を戒めるためにやったことだったようですが・・・大掛かりな仕掛けだったよなあ。
さすがは浦原喜助、食えないおっさんだなー・・・夜一・砕蜂の最強コンビの調査によって
「バウント」という一族が暗躍していることが判明し、それに対処するためにバウントに
対するセンサーを搭載しているという三人組がそれぞれ一護・井上・茶渡に付くことに。
エンディングで出て来る人形は三人のものだったんですねー。りりんは典型的な
ツンデレキャラぽいな、いいね〜〜(笑)

バウントと思われる人物も二人登場し、女の人のほうは火の精みたいなのを召喚してましたね。西欧の魔法みたいなものなのでしょうか・・・吸血鬼と呼ばれていたこともあったみたいですしね。ブリーチ初のオリジナルストーリー、期待しましょう!


死神図鑑ゴールデンも二本立てでした。チョコのほうは面白かったけど、「同じしろうだか

ら」って・・・まあ日番谷でてたから許そう!

posted by へっぽこ二等兵 at 23:55| Comment(0) | TrackBack(0) | BLEACH | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。