2006年04月05日

舞-乙HIME最終話

hime7.bmp


昨日はサーバーの調子がおかしくて更新できなかった・・・。まあ気を取り直して最終話「Dream☆Wing〜夢の在処〜」の感想と講評をさらっといきます。


前話でついにローブの真の力を引き出すことに成功したアリカ。ニナはセルゲイのため、心を鬼にしてハルモニウムの力を起動させます。セルゲイは最後まではしてなかったようです。えらいぞセルゲイ!(笑)力を取り戻した五柱のメンバーは本来の使命通りオトメの存在を護るため、戦いへと赴きます。サラとナオのマテリアライズシーンが割愛されたのは残念ですね〜ていうか酷い。OVAでは見られるんでしょうか?


大魔神ニナの進行を食い止めるため、ナツキたち五柱と舞が協力します。ミユさんによって乙式の制約から解き放たれたオトメたちは認証なしでローブの展開が可能に。シホのローブ趣味悪いな〜ちょっとイタイローブですね。昨日の敵は今日の友、ラウラやロザリーもマシロに協力しみんなで大魔神ニナを食い止めます。ここは任せて先にとアリカたちを行かせるアインたち。王道ですが、こういう展開好きですよ。


さすがのナギもこれにはルール違反とぼやきます。ナギさんあなたがそれを言ったらオシマイデスヨ(笑)。カズくん新皇帝率いるカルデア艦隊も戦いに参戦、カタパルトデッキからラーヤとアカネがガンダムっぽく出撃します。ナギはシュヴァルツの戦闘員の皆さんにスレイブを出させます。アリカたちを先に行かせ、ハルカとシズルライバルの共闘です。王道尽くめだぁ〜でもそれがいい!!二人とも最高です。一網大魔神にしてくれるわ!とハルカ、もうユキノはツッコミきれないようです。


城に到着したアリカたち。サラ、ナオと五柱の実力を見せ付けます・・・がこれだけで終わりかよ。サラはエレメントすら出てないし。シホなんかに至ってはもうローブ関係ないし・・・さすが今作のギャグ担当です。あとナオの声に違和感がありましたね、それもこの台詞だけ。何ででしょうか?ラーヤとアカネが救援に駆けつけます。「清恋の孔雀石」ってネコミミローブなのですか・・・もう何も言うまい(笑)。台詞はここだけでしたが、ラーヤ姐さんなかなかインパクトのある言葉を残してくれました。アカネも今回は幸せそう(?)でよかったよかった。


城の内部に突入したナツキたちにも意外な救援が。「久遠の碧玉」(だったかな?)マリア・グレイスバートお姉さまがご登場です。華麗にスレイブを瞬殺するその姿はまさにオトメの鏡ですね。いまここにミス・マリア最強伝説が始まった瞬間でした。若返ったのはナノマシンが細胞を活性化したとかそんなところでしょう。幻海師範みたいに。


皆の協力のお陰でニナの元にたどり着くことが出来たアリカ。ニナとアリカ二人の戦いが始まります。戦いの舞台が宇宙なのはお約束でしょうか。敢えて突っ込まないけど。お互いの思いを爆発させ、激突する二人。一人は愛する人のため、もう一人は親友を救うために。


地上ではもう一つの戦いが始まろうとしていました。ナギとマシロ、ともに上に立つ者同士の戦い。ナギは確かに野心家ではありますが、この星の行く末を案じているというところではマシロと同じなのかもしれません。今の世界の仕組みに絶望し、誰かが変えようとしなければ何も変わらないと言うナギに対し、マシロはあくまでも別の道を模索することを訴えます。


決して諦めようとしないアリカにニナの心は乱れます。もっと心を開けば良かった・・・自分を抑え、自分の問題を自分だけで背負いこんできたニナは今更ながらに後悔します。しかし長時間起動していたハルモニウムが暴走、ニナの心はハルモニウムに取り込まれてしまいます。ニナはアリカに殺してと頼みますが、結局ハルモニウムの邪悪な思念に支配されてしまいます。しかしどんなにすごい力があるのかと思えば、一撃でアリカにやられてしまいました。時間の都合とはいえ、こりゃないですよ。漆黒の金剛石は浄化され、元に戻ります。野望破れたナギはあっさり逮捕され、ナツキがハルモニウムを破壊して、地上のほうではついに決着。アリカはニナととも地上に落下していきます。なんかサイボーグ009のラストを思い出しますねー。


hime8.bmp


全ては終わり、アスワドとも約束通り協力し合うことに。ナギは黒い谷で労働服役することになります。こっそり逃げ出そうとするところをミコトにボカリ、連れ戻されます。あんなすごいことをやらかしてこの程度で済んだのはマシロの温情によるものでしょうかね。ヴィントブルームではもう一度風華宮の落成式が執り行われる事に。来賓として呼ばれた各国の王とオトメ達、シャルル王睨んでる睨んでる(笑)。ロザリーはやっぱ引退したのか。皆の前で決意表明をするマシロ女王。最後の仕上げとしてアリカが城のシンボルとなる巨大ヒマワリのオブジェを持ってきます。危うく落としてしまいそうになりますが、五柱の皆さんが手助けしてくれ難を逃れることに。無事に定位置に置くことが出来、城は完成します。マシロは完成した城を前に今は亡きミミのことを思い、立派な為政者となることを誓います。マシロとともに夢に向かって邁進していくアリカなのでした。


一方、ニナは深い森の中にある古城で記憶を失ったセルゲイとともに新たにやりなおすことに。ニナには幸せになってもらいたいものですね。きれいにまとまり、物語は終わりを迎えます。


では講評を。いやあ面白かった!!今回は前回ほどご都合主義的な終わり方ではなく、死んでいった者に幸せな未来を誓い、成長していく姿が描かれていましたね。いろいろと気がかりなところ(トモエの処遇とか)を残しているのはOVAでやるからなのでしょうかね?一つまずかった点は後半急展開すぎたところかな〜もっと最後のニナとアリカの戦いももうちょっと引っ張って欲しかったですね。でもこの半年、とても楽しく視聴することができました。ありがとう、舞ー乙HIME!!


最後に独断でベストキャラを挙げとこう。

MVP・・・トモエ様

もはや理由は挙げるに及ばないでしょう。与えたインパクトは超ど級、右に出るものなし。

敢闘賞・・・ハルカとシズル

この二人はどんな状況に置かれてもマイペースでしたな。シズルの神のようなポジションとあくまでもボケまくるハルカ、すごいライバルですね。

最強キャラ・・・ミユさん

前作と同様、圧倒的な実力を見せてくれました。ナツキやシズルたち五柱を手玉にとるその力はミコト同様、さすが長く生きてるだけのことはあります。

最強キャラ(裏)・・・ミス・マリア

一瞬だけでしたが、その美貌と華麗なるその強さはかなり印象に残るものでした。ある意味最終話最大のサプライズだったかもしれません(笑)。OVAでも活躍の場がありますように・・・。

功労者・・・ナオ

この人がいたから後半の物語は進んだ感もあります。その割りに戦いの出番が少なかったのは残念ですね〜。ナツキともいいコンビでした。
posted by へっぽこ二等兵 at 16:13| Comment(0) | TrackBack(11) | 舞-乙HIME | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。