2006年04月03日

舞ー乙HIME第25話

hime1.bmp


いよいよ戦争開始、竜王戦争以来の本格的なオトメ同士の武力衝突という事態になってしまいます。クライマックス目前の第25話「蒼天の乙女」の感想です。


ナギ側のアルタイ・フロリンス・レムス連合軍対それに反抗するエアリーズ・アンナン・ロムルスの連合はついにヴィントブルームの領土内でいよいよ衝突。ついに王のマイスター同士が戦います。めちゃくちゃやる気のハルカをよそにアインはあくまでも陽動が任務とカーラに自制を促します。ナギ側もラウラ、ロザリーそしてワルキューレ部隊が迎え撃つ構え。空中で激しくぶつかり合うオトメたち、しかしナギは慌てる様子を微塵も見せず、むしろこの状況を喜んでいるようです。


おそらく竜王戦争をリアルタイムで経験されているアンナンのご老公は過去のことを思い、表情を曇らせていました。チエがエアリーズの間諜であることをハルカは知らなかったようで驚いていましたね。ユキノの最側近なのに知らされないハルカって(笑)。


一方、ガルデローベでは真祖フミ復活のため、ナツキたちが行動を起こしていました。警備を突破し、霊廟を目指すナツキたち。内部からも蜂起した学園関係者の方々が兵士たちを倒していきます。ミス・マリア強いなぁ〜せめて老婆と・・・ユカリコ先生フォローになってないし。ナツキの帰還にシズルもいよいよ合流し、反撃の態勢は整っていきます。それにしても囚われの身でありながら楽しんでしまうシズルさんは偉大ですね(笑)。


しかしナギはそれでも動じずスレイブを出すように命じます。真祖レナによって大量に召喚されるスレイブ。ユキノ達国のトップの皆さんの乗る船がスレイブの一斉砲撃によって絶体絶命のピンチに陥ります。その時、黒い谷が現れ砲撃を遮ります。谷ごと移動できるのかよ・・・さすが聖地。


hime2.bmp


そこからアリカたちが満を持して登場。修行によって力が上がったのか、アリカはスレイブを次々と倒していきます。舞もその実力を見せ付けるかのようにスレイブたちをなぎ払います。が・・・これが最初で最後の舞の戦闘描写となろうとは。まあ仕方ないんですかねー・・・。ニナはアリカが生きていたことに安堵した様子。舞とミコトにこの場での戦闘を任せ、アリカとマシロはガルデローベへ向かいます。ミユさんもまた自らの役目を果たすため戦いを赴きます。


hime3.bmp


イリーナたちによって真祖フミの機能が一時的に復活、ナツキはマテリアライズすることに成功します。ナツキのエレメントは銃というよりキャノン砲といったところでしょうか。ナギの命により風華宮の波動砲が発射されようとしていました。ほぼ同時に発射される両エネルギー、ぶつかり合いお互い弾道が逸れます。波動砲を破壊することは出来ず、向こうの逸れたエネルギーがケーブルを断線、ナツキは元に戻ってしまいました。発射された二射目がナツキたちに襲い掛かろうとしたその時、アリカが到着。エネルギーを受け止め、見事弾き返し破壊に成功。


そこにトモエ様が現れます。壊れっぷりにもさらに磨きがかかっていますね〜。ハルカたちも合流し、対峙する両陣営のオトメたち。マシロは戦いをやめるようラウラ達に訴えます。しかしオトメはマスターの命に従うもの、私的感情で動くことは許されない。カルデアのフィアがそうだったように。マシロはオトメは言われたままに動くただの道具ではない、自分の意思で考えろと言います。ホント立派になったなぁ。アリカの友達だからみんな止めたいという言葉に心が痛むニナ。ナギは最後の仕掛けを発動させます。その干渉波により全てのオトメたちのマテリアライズが解けてしまいます。


墜落するアリカを助けたチエでしたが、トモエに攻撃されローブを破壊されてしまいます。どうやらチエが真祖の支配から逃れられたのはシホのお陰のようです。頼みごとってこれだったのか・・・マキマキ大活躍じゃん。虚ろな表情でマキマキし続けるヤヨイとリリエ、もう洗脳だなこれは。


hime4.bmp

「ぜぇ〜ぶ私の思い通りだったのに」

もうトモエすごすぎて何も言えないや。言うこと聞かないならみんな消しちゃいましょという始末、なんて素敵なお方なのでしょう(笑)。ナギのこの戦争の目的は全オトメの抹殺にあったことが判明、味方であるはずのラウラたちも例外ではなくトモエ様にあっさり裏切られます。そこにミドリたちが乱入、ヨウコの手によりパワーアップしたミドリの前に吹っ飛ばされるトモエ様。ラドもヨウコのお陰で死の淵から蘇ったようです。ヨウコによってマスターと触れ合っていれば干渉波の影響を受けないことがわかります。現状戦えるのはアリカのみ、ナツキたちはアリカとマシロに全てを託します。皆の思いを受け取り、母の元へと向かうアリカ。途中、しつこくトモエ様が襲ってきますがアリカによって一撃でローブを破壊され、真っ逆さまに地面に落ちていきます。最後の捨て台詞までも魅せてくれたトモエに合掌(笑)。ナギはニナとハルモニウムがこちらにある限り負けはないと余裕の表情、アリカの行為を黙認します。


hime5.bmp

hime6.bmp


ついに対面した二人の親子、しかしレナはすでに物言わぬ存在でしかありません。自分の代わりに泣いてくれているマシロに礼をいい、アリカは迷いを断ち切ります。レナを解き放ってあげること、それがアリカの出来る唯一のことなのだから。棺を破壊し、真の対面を果たした母と娘。レナの心が宿ったのか、ついに真の力を解放する「蒼天の青玉」のローブ。こっちのほうがかっこいいですね、さすがは最強のローブと謳われるだけあります。


真祖レナが破壊されたことにより、スレイブたちは消滅。ナツキたちも力を取り戻します。トモエも死んでなかったようでよかったよかった(笑)。ハルモニウムが起動したところで25話は終了。


25話はトモエの回といってもいいくらい彼女が大活躍でした。あんな難しい役を演じきったトモエ役の田中理恵さんに敬意を払いたいです。前作の静瑠を超えたかもしれませんね。ナツキのキメ台詞も聞けたし、エレメントはカッコいいしとてもよかったです。26話の感想はまた後ほど。




posted by へっぽこ二等兵 at 01:11| Comment(2) | TrackBack(31) | 舞-乙HIME | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。